雑誌

雑誌 中央法規出版が発行している雑誌のご紹介

ケアマネジャー 2014年8月号

ケアマネジャー

立ち読みする

特集
利用者がわかる 関係が深まる
「聴く力」の磨き方

本人の思いや強さ、置かれた環境を理解する。援助のための関係性を構築する。そこには、本人の声に耳を傾ける姿勢が欠かせません。相談援助職にとって重要な「聴く」という行為。その心構えから技術まで、「聴く」を深く掘り下げます。

雑誌データ
通巻173号 発売日2014年7月26日
e-booksで購入

利用者がわかる 関係が深まる
「聴く力」の磨き方

Chapter1 相談援助職にとっての「聴く」とは?
Chapter2 インテーク ─初回面接に至るまで─ における「聴く」コツ
Chapter3 事例で学ぶ「聴く」の実践ポイント
資料編 「聴く力」を磨く! 編集部おすすめ本

カラーグラビア・ルポ

View Finder:「あるがまま」の共感から始まる
医療法人岡谷会 片桐ケアプランセンター(奈良県大和郡山市)

ケアマネジメントの現場から:一人ひとりを支えるための"地域力"にこだわって
川田 誠さん(ケアプランセンターはくあい・大阪府大阪市)

基礎力を養う

新連載自立支援に向けた認知症の人のケアマネジメント:渡邉浩文
自立支援に向けたケアマネジメントの考え方

新連載個人情報の取り扱い〇と×:山本伊都子
個人情報の取得

新・訪問医が教える医療知識:和田忠志
肝硬変

高室流 考えるヒント:高室成幸
支援する

聞いてほしい! 家族介護者のホンネ:金谷眞理子
情報も資源も少ない"若年性認知症"ゆえの不安とわりきれなさ。

悪徳商法の傾向と対策:平井俊圭
頼んでもいないのに商品などを送ってくる送りつけ商法(ネガティブ・オプション)

法令遵守 虎の巻:後藤佳苗
施設サービス、施設サービス計画を再確認しよう②

今月の気になるニュース:長岡美代
ケアプラン適正化に有効な手立てとは

スキルを磨く

新連載事例から考える ケアマネジャーのトラブル予防策:山田 滋
利用者の私物紛失への対応

ケアプランセンター活動日誌:吉田光子
災害時のリスクアセスメント

「あの手この手」でスキルアップ:伊庭裕美
大切なパートナー

ケア会議のエスプリ:上原 久
痛みを訴え、家に閉じこもりがちな80代女性の支援

脱IT音痴! スマホ道場:菅原さくら
いつでもどこでも情報収集!便利なニュースアプリ

実践を深める

援助関係の軌跡─クライエントとの間にあるもの:足立里江・池埜 聡
"パンドラの箱"の傍らで/撤退しない援助関係

事例で考える 相談援助のキーワード:八木亜紀子
アセスメント ニーズ

"制度"と上手につきあう法:藤井賢一郎
社会福祉法人のあり方②

あの人の生きた時代――戦中・戦後編④:佐賀由彦
白い粉の記憶~DDT~

エッセイ&物語

老いのパンセ:竹中星郎
禿げ頭と毛生え薬

紡ぐ物語 ──ケアマネジャーにできること:佐賀由彦
アッパーありがとう(後編)「命」と「死」。

その時、私は...:佐賀由彦
温かなさばき。

おたのしみコーナー

ケアマネあるある劇場

ニュースダイジェスト

新刊紹介

Mail Box

information

2014年9月号(通巻第174号)の予告(2014年8月発行)
排泄の悩みに気づき、支援する力をつけよう(仮題)
排泄は、人間の尊厳にかかわる問題である。利用者のなかには、たとえ尿漏れなどで悩んでいても、それを他人には伝えないという人もいるだろう。ケアマネジャーとしてそれをどう捉え、また、どんなチームを組んで支援するのか。排泄の困りごとから、本人へのかかわり方を考える。