• 改訂 社会福祉士の倫理

    著者社団法人日本社会福祉士会=編集
    発行日2009年01月20日
    価格1,980円(税込)

    社会福祉士の倫理綱領と行動規範を条文ごとにわかりやすく詳解した解説書。日常の業務で倫理上のジレンマに直面した専門職を支え、ひいては利用者の権利擁護にも役立つ内容とした。人間の尊厳や社会正義の実現を求める専門職必読の書。第1章 倫理綱領の必要性と新倫理綱領採択の背景第2章 「社会福...

  • 福祉政策理論の検証と展望

    著者日本社会福祉学会=編集
    発行日2008年10月30日
    価格4,180円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    本書は、日本社会福祉学会が開催してきた「政策・理論フォーラム」の活動成果を書籍化。財政主導ではない政策形成につながる提言を目指し、各研究分野の第一人者が書き下ろしを行った。今日の社会福祉政策の課題を検証し、これからの福祉政策のあり方を展望する。第1部 構造改革の検証と課題 1 社...

  • 福祉実践の未来を拓く

    著者浅野仁=監修/浅野ゼミナール福祉研究会=編集
    発行日2008年10月10日
    価格3,300円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    日本の高齢者福祉をリードしてきた監修者が、“実証的研究”をキーワードに研究(教育)と現場実践を橋渡しする。本書は、各領域で取り上げた45の事例をもとに、方法論とそれを支える理念について言及。何気ない援助にもたしかな根拠と理念があることを再認識できる一書。第1章 福祉実践の今日的状...

  • 人と社会

    著者阿部志郎、河幹夫=著
    発行日2008年09月25日
    価格2,420円(税込)

    社会福祉の基礎づけ、方向づけになぜ哲学が必要なのか。日本における人間・家族・社会、社会・国家・制度を中心とした「人と社会」に触れ、福祉の哲学を論じる。ネガティブなイメージの強い福祉の世界に一石を投じ、福祉を目指す人・福祉の職場で働く人に気づきを与える一冊。第1章 出会い第2章 血...

  • 団地と孤独死

    著者中沢卓実、淑徳大学孤独死研究会=共編
    発行日2008年09月15日
    価格2,200円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    各種メディアを賑わすほど深刻な社会問題となっている「孤独死」。本書では、孤独死が急増している現状、その原因、地域社会による孤独死防止の取り組み、団地やマンションで孤独死が起きた場合の対処法、そして、自分が孤独死しないための方策…などをつぶさに解説する。第1部 孤独死の実態から学ぶ...

  • これからはじめる 医療・福祉の質的研究入門

    著者田垣正晋=著
    発行日2008年01月20日
    価格2,200円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    医療と福祉における質的研究を初歩からわかりやすく解説した入門書。「質的研究とは?」「研究計画の立て方は?」「インタビューやアクションリサーチの具体的な進め方は?」「データの分析過程は?」といった、質的研究初心者が知りたいことを具体例を豊富に交えて解説。第1章 医療と福祉の質的研究...

  • 権利擁護相談事例集

    著者大國美智子、川並利治=編著
    発行日2008年01月20日
    価格2,640円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    大阪後見支援センター開設から10年の間にかかわった財産侵害や借金、虐待のケースを幅広く取り上げた権利擁護事例集。地域のネットワークを使い「どこに、どのようにつないだか」という点に焦点を当てる。権利擁護相談業務に関わる人の問題解決ツールとして活用できる一冊。第1章 金銭管理や生活に...

  • エンサイクロペディア社会福祉学

    著者仲村優一、一番ヶ瀬康子、右田紀久恵=監修/岡本民夫、田端光美、濱野一郎、古川孝順、宮田和明=編集
    発行日2007年12月20日
    価格27,500円(税込)

    大項目主義を採用し、社会福祉学の体系化を図る本格的な総合事典。社会福祉学及びその展開基盤となる関連領域を11分野に分類。理論・政策から実践の方法に至るまで、概念・意義のほか、最近の動向や新たな課題も含めて丁寧に解説した。Ⅰ  21世紀社会福祉の戦略Ⅱ  社会福祉の展開基盤Ⅲ  社...

  • 出生率の回復とワークライフバランス

    著者丸尾直美、川野辺裕幸、的場康子=編著
    発行日2007年12月20日
    価格1,980円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    日本で出生率の低下が続く要因は何か。本書では、考えられる3つの要因について計量的な裏づけを試みる。さらに女性の就業率拡大と出生率回復の両立をめざす国内の取り組みと、近年両者を両立させた海外の政策等を紹介。日本の福祉政策のあり方を考えるきっかけとなる一冊。はじめに序 章 ワークライ...

  • 社会福祉専門職論

    著者宮田和明、加藤幸雄、牧野忠康、柿本誠、小椋喜一郎=編集
    発行日2007年07月15日
    価格3,300円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    社会福祉の専門職とは何か。当事者が求める専門性とは何か。機関や施設が求める職務とは何か。専門性をどのように教育するのか。……社会福祉の専門職を取り巻く課題は少なくない。本書では現場が求める社会福祉専門職像を明らかにしたうえで、その養成方法と将来展望を探る。序 章 社会福祉専門職論...