• 民生委員活動の基礎知識

    著者小林雅彦=著
    発行日2020年02月05日
    価格1,320円(税込)

    民生委員活動の中でよく生じる疑問、住民から寄せられる相談、地域社会で対応が求められる課題等を取り上げ、Q&A形式で解説した。地域の人々や関係機関と連携して、素早く問題に対応するために活用していただきたい一冊。自治体等の研修用テキストとしても最適。目  次第1章 民生委員の役割と活...

  • 単身高齢者の見守りと医療をつなぐ地域包括ケア

    著者杉崎千洋、小野達也、金子 努=編著
    発行日2020年01月20日
    価格3,080円(税込)

    地域包括ケアには、社会福祉協議会や住民組織を中心とする福祉による見守り(日常生活の見守り)と、病院・診療所を中心とする医療による見守り(緊急時の見守り・対応)が欠かせない。本書は、双方の連携・協働のポイント、仕組みづくりを、先進事例も紹介しながら解説する。目  次第Ⅰ部 単身者の...

  • コミュニティソーシャルワーク24

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2019年12月20日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。今号の特集は「地域共生社会における地域包括ケアシステムの構築に向けて」。沖縄県浦添市の取り組みを通じ、コミュニティソーシャルワークの課題として、地域共生社会における地域包括ケアシステムの構築を考える。目  次巻頭言 単身生活者...

  • 地域を基盤としたソーシャルワーク

    著者岩間伸之、野村恭代、山田英孝、切通堅太郎=著
    発行日2019年12月15日
    価格2,860円(税込)

    地域を基盤としたソーシャルワークについて、その理論を第一人者であった岩間伸之氏が解説。理論を基盤とした総合相談の拠点づくりの取り組みも収載した。「行政+専門機関(専門職)+地域住民」が一体となった住民主体のソーシャルワークを展開するための指南書。目  次第1章 「本人主体」を基軸...

  • 地域包括ケアシステムの深化

    著者筒井孝子=著
    発行日2019年09月20日
    価格4,400円(税込)

    本書では、地域包括ケアシステムをつくり上げるための方法論として「チェンジマネジメント」を取り上げ、その概念と意義、9つのステップに分かれるプロセスと必要なサポート体制について、先進自治体の取り組みを紹介しながらまとめた。市町村・都道府県の担当者必携。目  次序章 政府のかたちと共...

  • コミュニティソーシャルワークの新たな展開

    著者日本地域福祉研究所=監修/宮城 孝、菱沼幹男、大橋謙策=編集
    発行日2019年06月10日
    価格2,860円(税込)

    地域共生社会の構築が叫ばれる中、地域福祉に関する政策や実践は転換期を迎えている。そうした中、複雑で多様化している地域課題に対応するため、本書はコミュニティソーシャルワークの新たな展開に関する視座と理論、実践方法までを提起。地域福祉実践者の新しい教科書。目  次 序章 コミュニティ...

  • コミュニティソーシャルワーク 23

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2019年05月20日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集『社会福祉法人の地域公益活動とコミュニティソーシャルワーク実践』。地域実践シリーズ等を掲載。目  次巻頭言 誰もが安心して暮らせる居住支援とコミュニティソーシャルワーク ―社会福祉法人への期待―【特集】地域社会で安心して暮...

  • 社協・行政協働型コミュニティソーシャルワーク

    著者田中英樹、神山裕美=編著
    発行日2019年04月20日
    価格3,080円(税込)

    コミュニティソーシャルワーカー(CSW)の手厚い配置に定評がある豊島区。本書は、CSWを施策化し配置するための取り組み、行政・社協の協働体制の構築プロセス、持続し充実を図るための教育システム等を事例も交えて紹介。他の自治体・社協等が参考にできる書籍。目  次序 章 生活の場でのケ...

  • 民生委員のための障害者支援ハンドブック

    著者小林雅彦=著
    発行日2019年04月10日
    価格1,320円(税込)

    障害のある人がいる世帯の支援で民生委員が押さえておきたい知識を簡潔にまとめた。活用できる制度・相談機関・窓口の紹介はもちろん、障害の特性に応じた対応等をQ&Aで解説。活動の留意点が端的かつ具体的にまとめられており実践で役立つ一冊。研修用テキストにも最適。目  次第1章 障害者支援...

  • どこでも誰でもできる 地域づくりハンドブック

    著者柳 史生、志水田鶴子、大坂 純=編著
    発行日2019年01月05日
    価格1,540円(税込)

    介護保険における生活支援体制整備事業に「どこでも誰でも取組める」ように、事業の検討から取り組みの具体例、報告書の作成や評価まで、具体的な事業を進め方を紹介。市町村職員、生活支援コーディネーター、協議体の参加者等に向けた研修会テキストとしても最適な書。目  次第1章 どこでも誰でも...

  • コミュニティソーシャルワーク 22

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2018年12月21日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集『社会福祉法人の地域公益活動とコミュニティソーシャルワーク実践』。地域実践シリーズ等を掲載。目  次巻頭言 こども・家庭の包括支援にむけて ―茅野市の取り組みから学ぶ―【特集】こども・家庭分野の地域包括支援とコミュニティソ...

  • 市町村社会福祉行政のアドミニストレーション

    著者森明人=著
    発行日2018年10月01日
    価格4,400円(税込)

    地域主権化時代の市町村を基盤にした福祉行政の枠組みづくりに向けて、包括的な社会福祉行政が可能になるアドミニストレーションの機能と枠組みを理論モデルとして提起する。三浦・大橋理論を再構築し、新たな社会福祉行政のアドミニストレーションの視座を提示する。目  次序 章 地域主権化・規制...

  • 地域福祉とファンドレイジング

    著者宮城孝、長谷川真司、久津摩和弘=編集
    発行日2018年06月30日
    価格2,750円(税込)

    福祉業界初のファンドレイジングの解説本。ファンドレイジングに必要な知識・方法を解説し、社協やNPO法人による先進的な事例から具体的な手法や工夫を紹介。お金が無いことで諦めていた福祉から、資金調達力を身につけて地域の社会課題に立ち向かえる福祉へ転換する。目  次理論編 Chapte...

  • コミュニティソーシャルワーク 21

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2018年06月07日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集『社会福祉法人の地域公益活動とコミュニティソーシャルワーク実践』。地域実践シリーズ等を掲載。目  次【特集】社会福祉法人の地域公益活動とコミュニティソーシャルワーク実践 ・社会福祉法人の地域化と  コミュニティソーシャルワ...

  • ゼミナール 地域福祉学

    著者野口定久=著
    発行日2018年05月01日
    価格2,750円(税込)

    地域福祉学の重要テーマ15を各5つの単元にわけ、わかりやすい図表を用い体系的に解説した。地域福祉の基礎的事項はもちろんのこと、今日的課題や展望を理論・政策・実践の面から概観できる。地域福祉の初学者から自治体や社協等の現場職員まで幅広く活用できる一冊。目  次第Ⅰ部 地域福祉の思想...

  • コミュニティソーシャルワーク 20

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2017年12月21日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集Ⅰ『地域づくり・街づくり』。地域実践シリーズ等を掲載。目  次【特集Ⅰ】 地域づくり・街づくり   ・地図にない村「ソンミサン・マウル」   ・人口減少社会、少子高齢化社会、    過疎地域の福祉で支えるまちづくり   ・...

  • 地域福祉のイノベーション

    著者日本地域福祉学会地域福祉イノベーション研究会=監修/宮城孝=編集代表/神山裕美、菱沼幹男、中島修、倉持香苗=編集
    発行日2017年11月10日
    価格3,740円(税込)

    日本地域福祉学会第30回大会記念出版。地域福祉は、今後の地域住民の生活環境総体に関する問題群にいかに対峙することができるのか。政策や実践、理論における革新的な変革の必要性や内容について、先駆的実践報告を示しつつ地域福祉のイノベーションの方向性を明らかにする。目  次第1章 コミュ...

  • 生活困窮者を支える連携のかたち

    著者上原久=編著
    発行日2017年11月01日
    価格2,200円(税込)

    複合的な課題を抱える生活困窮者の支援には、専門家・非専門家を問わず、地域のさまざまな関係者の「つながり」が求められる。本書では、難しいとさえる「多職種連携」をキーワードに、連携の本質と具体的なノウハウを解説する。連携のあり方を考えるための10の事例も紹介。目  次第1部 講義編 ...

  • 災害ソーシャルワークの可能性

    著者福祉系大学経営者協議会=監修/遠藤洋二、中島修、家髙将明=編著
    発行日2017年09月10日
    価格3,300円(税込)

    被災地のソーシャルワーカーへのインタビューを通して、学生たちが東日本大震災での災害支援活動を浮き彫りにする。気づき、学び、心動かされながら、ソーシャルワーカーの魅力を再発見する。学生の掴み取ったものを理論化した「災害ソーシャルワーク」の学習テキスト。目  次第Ⅰ部 ソーシャルワー...

  • 地域生活支援の理論と方法を探る

    著者大島隆代=著
    発行日2017年06月15日
    価格4,400円(税込)

    被災者の生活支援に関わる「支援者による実践の視点と方法」に着目し、従来の社会福祉学や社会福祉実践では解決しにくかった理論的困難性を示しつつ「地域生活支援」の理論と実際を問い直す。「被災地における生活支援の実践モデル」を提示し地域福祉の背中を後押しする。目  次序章 1 問いの所在...

  • コミュニティソーシャルワーク 19

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2017年06月02日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集Ⅰ『子ども家庭の貧困』。特集Ⅱ「鼎談 21世紀の地域福祉は何を担うのか?!~大橋地域福祉論の足跡と未来~」等を掲載。目  次【特集Ⅰ】 子ども家庭の貧困 ・KHJ全国引きこもり家族会連合会の  歩みと課題 ・子ども村:中高...

  • 民生委員のための相談面接ハンドブック

    著者小林雅彦=著
    発行日2017年04月20日
    価格1,320円(税込)

    コミュニケーションのコツや留意点、相談面接や支援に関わる記録の意義や書き方など、民生委員が相談面接を行う上で必要となる知識や有効な技法を、Q&A方式でわかりやすく解説する。民生委員にとって重要な役割である「相談」をうまく進めるために必読の一冊。目  次第1章 民生委員と相談面接 ...

  • コミュニティソーシャルワーク 18

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2016年12月22日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集Ⅰ『就労困難者に対する就労支援とコミュニティソーシャルワーク』。特集Ⅱ「過疎化・都市化・単身時代に立ち向かう地域福祉」等を掲載。目  次【特集Ⅰ】 就労困難者に対する就労支援と コミュニティソーシャルワーク   ・就労支援...

  • ここで差がつく 生活困窮者の相談支援

    著者一般社団法人社会的包摂サポートセンター=監修/朝比奈ミカ、日置真世=編著
    発行日2016年10月15日
    価格2,200円(税込)

    生活困窮者の相談支援のどこが難しいのか。身近で具体的な事例をもとに、支援者が陥りがちな穴や勘違い等、相談現場に生じるミスマッチ構造の背景と原因を解き明かし、その対処法を考えていく。本人理解の視点から、支援の日常を見つめ直す一冊。事例検討の教材としても最適。目  次第1章 相談を受...

  • コミュニティソーシャルワーク 17

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2016年08月05日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集『コミュニティソーシャルワーカーは何を目指し、何を担うのか!?』。地域包括ケアとコミュニティソーシャルワーク機能、未来を拓く、助けてと言える社会、等を掲載。目  次【特集】 コミュニティソーシャルワーカーは何を目指し、 何...

  • 私たちが描く新地域支援事業の姿

    著者堀田力、服部真治=編著
    発行日2016年07月30日
    価格1,650円(税込)

    平成30年4月までに移行・実施しなければならない新地域支援事業について、実施の意義や事業の枠組み、具体的な取り組み方について解説。あわせて、さわやか福祉財団が展開してきた「助け合い活動」の役割と効果を、新地域支援事業と重ね合わせながら検証する。目  次第1部 総論「新地域支援事業...

  • コミュニティソーシャルワーク 16

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2016年01月29日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集『地域包括ケアシステムの構築に向けて』。地域包括ケアシステムの構築は何をめざしているのか、地域包括ケアの理論と実践、行政・社会福祉協議会・地域包括支援センターの協働によるシステム構築、等を掲載。目  次【特集】『地域包括ケ...

  • 福祉・介護職のための病院・医療のしくみまるわかりブック

    著者杉山孝博=監修/利根川恵子=著
    発行日2015年07月01日
    価格2,200円(税込)

    利用者の受診・入院、通院時などで、医療とスムーズに連携するために福祉・介護職が知っておきたい知識を解説。医療機関の種類と役割、入院から退院までの流れ、病院組織や医療制度などを図解でわかりやすく整理した。医療との連携で生じる実務のQ&Aも収載。目  次第1章医療機関の種類と役割第2...

  • 生活困窮者自立支援ハンドブック

    著者岡部卓=編著
    発行日2015年06月30日
    価格1,650円(税込)

    「生活困窮者自立支援法」の背景、制度の内容、運用、地域のネットワークづくり等、生活困窮者自立支援にあたって押さえておくべき内容をコンパクトに収載。自治体職員、社会福祉協議会、社会福祉法人、NPO、民生委員等々の関係者がより良い支援を行うための必読書。日本図書館協会選定図書目  次...

  • コミュニティソーシャルワーク 15

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2015年06月26日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集『コミュニティソーシャルワーク その源流と新たな展開を探る』。社会福祉基礎構造改革から生活困窮者自立支援法へ、氷見市における地域福祉の実践、町村社協におけるCSWの可能性、等を掲載。目  次【特集】『コミュニティソーシャル...

  • 相談支援員必携 事例でみる生活困窮者

    著者一般社団法人社会的包摂サポートセンター=編集
    発行日2015年05月30日
    価格2,420円(税込)

    生活困窮者の見えにくい「生きづらさ」を映す38の典型事例を掲載。何に困っているのか、どのような支援が必要か、社会背景にも目を向けつつ解説。自立相談支援機関、障害者相談支援事業所、ホームレス支援機関、社会福祉協議会など、地域をつなぐ様々な関係者にお勧めの1冊。目  次序 章まえがき...

  • 認知症初期集中支援チーム実践テキストブック

    著者粟田主一=編著
    発行日2015年04月20日
    価格2,860円(税込)

    認知症の早期発見・早期対応の柱となる「認知症初期集中支援チーム」。本書は、認知症の基礎知識、症状ごとの初期支援法、アセスメントツール「DASC」の活用法、初期集中支援チームの役割やノウハウを解説。チームでの初期支援のやり方が具体的にわかる研修用テキスト。目  次はじめに序 章21...

  • 挑戦を続ける「生活クラブ風の村」

    著者社会福祉法人生活クラブ風の村=監修/池田徹=編著
    発行日2015年04月15日
    価格1,980円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    全国初の全室個室・ユニット型の特養で注目を浴びた「生活クラブ風の村」。本書は、ユニバーサル就労や生活困窮者自立支援等、「だれもができる限り地域で暮らし続けること」をめざした「風の村」の取り組みを紹介。地域包括ケアの時代を迎える社会福祉法人のあり方を考える。日本図書館協会選定図書目...

  • コミュニティソーシャルワークの理論と実践

    著者日本地域福祉研究所=監修/中島修、菱沼幹男=共編
    発行日2015年01月05日
    価格3,300円(税込)

    地域で福祉サービスを必要としている人とその家族への個別支援と、支援ネットワークの整備や住民の組織化等の地域支援を統合的に展開するコミュニティソーシャルワーク。本書は、コミュニティソーシャルワークを体系的に理解し、実践するための一冊。各地の実践事例も収載。目  次まえがき序 章 新...

  • コミュニティソーシャルワーク 14

    著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売
    発行日2014年12月20日
    価格1,650円(税込)

    コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。特集は『夢をあきらさせない子ども支援』。地域での暮らしを実現する子どもと家庭への福祉、CSWの視点による子どもの貧困対策、富山市のSSWの実践、子どもの貧困対策におけるひとり親家庭支援を掲載。目  次【特集】『夢をあきらめさせ...

  • 地域包括ケアの実践と展望

    著者大橋謙策、白澤政和=共編
    発行日2014年12月08日
    価格3,080円(税込)

    地域包括ケアの推進に向けて、現場ではどのように取り組んでいけばよいのか。先駆的に取り組んできた17法人を選定し、実践・構築の具体的内容・方法を紹介するとともに、地域特性に応じた取り組みのための重要な視点や方法を解説する。地域包括ケア実践のための必読書。 目  次巻頭言 地域包括ケ...

  • 地域福祉の基盤づくり

    著者原田正樹=著
    発行日2014年10月15日
    価格3,960円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    地域福祉の基盤をどうつくるかについて、推進主体形成方法を中心に地域福祉実践研究法を用いて分析する。15年以上にわたって各地の地域福祉実践に関与し、研究してきた経験を踏まえて、今日的な「地域福祉の推進方法論」を展開する。地域福祉のこれからを知る1冊。目  次推薦の辞はじめに序 章第...

  • 多職種連携の技術(アート)

    著者野中猛、野中ケアマネジメント研究会=著
    発行日2014年09月20日
    価格2,640円(税込)

    利用者の地域生活を支援するためには、多様なニーズに応えるための多職種の連携が不可欠である。本書はケアマネジメント研究の第一人者である野中猛氏と豊富な連携経験をもつ実践者の共同執筆により、多職種連携に関する理論と実例を紹介する。実践のヒントが得られる一冊。日本図書館協会選定図書目 ...

  • 空き家と生活支援でつくる「地域善隣事業」

    著者白川泰之=著
    発行日2014年07月31日
    価格2,860円(税込)

    空き家等の地域資源を活用しての「居住(住まい)の確保」と相談援助等の「生活支援」を一体的に行う「地域善隣事業」について、学術的要素と実践的要素の両側面からわかりやすく解説。介護保険制度における地域包括ケアシステムの一翼を担う先駆的事業を基礎から理解できる。日本図書館協会選定図書目...

  • 生活困窮者自立支援法 自立相談支援事業従事者養成研修テキスト

    著者自立相談支援事業従事者養成研修テキスト編集委員会=編集
    発行日2014年07月05日
    価格3,080円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    平成27年度よりスタートした「生活困窮者自立支援制度」の必須事業「自立相談支援事業」に従事する支援員(主任相談支援員、相談支援員、就労支援員)の養成研修テキスト。相談支援に必要な専門的かつ実践的な支援の視点を収載。制度の仕組みを学ぶうえでも最適の1冊。目  次はじめに第1章生活困...