コミュニティソーシャルワーク 22

コミュニティソーシャルワーク実践の理論化を行う学術誌。
特集『社会福祉法人の地域公益活動とコミュニティソーシャルワーク実践』。
地域実践シリーズ等を掲載。


目  次
巻頭言
 こども・家庭の包括支援にむけて
 ―茅野市の取り組みから学ぶ―


【特集】
こども・家庭分野の地域包括支援とコミュニティソーシャルワーク
 ・つなぎの支援でつくる子どもたちのセーフティーネット
 ・地域でみんなで子育て!

  ―子どもの社会的養育の新ビジョンと
   子育て世代包括支援センター事業、成育基本法を視野に入れて
 ・多問題を抱える家庭への支援・関係機関との連携
  ~こども支援の視点から~
 ・ひきこもり等生きづらさを抱えた当事者・家族の支援

【地域福祉実践シリーズ】
 Ⅰ.島根県におけるコミュニティソーシャルワーク研修・研究会について
 Ⅱ.罪を犯した障害者への支援

《原著論文》
 ・家族介護者の在宅介護継続意思に影響を及ぼす要因
 ・高等教育で学ぶ若者ケアラーのケアと学生生活との両立プロセス


東西南北
 ■韓国社会福祉法人幸福創造の歩み
 ■認知症カフェ「福きたカフェ」の実践から目指す地域包括ケアの深化
 ■産官学協働のまちづくり
  ~大学におけるフィールド型アクティブラーニングの実践
 ■回復期リハビリテーション病院での実践報告

書評
 『生活保護ソーシャルワークはいま』
 『地域福祉とファンドレイジング―財源確保の方法と先進事例―』
 『地域の見方を変えると福祉実践が変わる~コミュニティ変革の処方箋~』

書籍データ
著者特定非営利活動法人日本地域福祉研究所=発行/中央法規出版=発売 判型B5
ISBN978-4-8058-6967-3 頁数88頁
発行日2018年12月21日 価格1,620円(税込)
e-booksで購入

関連商品