高齢者虐待と介護支援専門員 発見力向上に向けた課題と提案

本書は、養護者による高齢者虐待の動向と法制度に触れつつ、国の調査と著者の調査に基づき、虐待の現状を詳細に分析。
その上で、早期発見、予兆の察知、虐待リスクの認識など、介護支援専門員に期待される役割とその課題を明らかにし、高齢者虐待の防止に向けた提言を行う。


目  次
第Ⅰ部 【知識編】
    養護者による高齢者虐待をめぐる動向と介護支援専門員への期待
 1 養護者による高齢者虐待の動向
 2 養護者による高齢者虐待の事例と背景・要因
 3 高齢者虐待の果てにあるもの
   ―介護心中・介護殺人の事例を中心に
 4 高齢者虐待防止法と関連施策
 5 高齢者虐待における介護支援専門員に期待される役割

第Ⅱ部 【調査編】
    介護支援専門員の虐待リスクの認識状況と課題
    ―6政令市の意識調査データにみる現状と課題
 6 調査概要と回答者の状況
 7 政令市別にみた担当高齢者の認識状況と世帯
 8 経験年数からみた担当高齢者の認識状況と世帯
 9 基礎資格(看護・介護・相談)からみた認識状況と世帯
 10 養護者による高齢者虐待の発見課題
   (基礎資格別にみた自由記述の分析を通じて)

第Ⅲ部 【まとめ】
    高齢者虐待における介護支援専門員の課題と提案
 11 高齢者虐待における介護支援専門員の課題と提案

書籍データ
著者本郷秀和=著 判型A5
ISBN978-4-8058-5989-6 頁数220頁
発行日2020年2月10日 価格4,950円(税込)

※こちらの商品は品切れです。

関連商品