地域を基盤としたソーシャルワーク 住民主体の総合相談の展開

地域を基盤としたソーシャルワークについて、その理論を第一人者であった岩間伸之氏が解説。
理論を基盤とした総合相談の拠点づくりの取り組みも収載した。
「行政+専門機関(専門職)+地域住民」が一体となった住民主体のソーシャルワークを展開するための指南書。


目  次
第1章 「本人主体」を基軸としたソーシャルワーク理論の構想
 1 現代ソーシャルワーク実践の隘路
   ・「地域相互支援型自治体推進モデル」着想に至る背景
   ・人口減少社会の到来
   ・“人ありきの福祉”からの脱却
 2 地域の担い手を主軸とした総合相談拠点の構想
   ・「地域相互支援型自治体推進モデル」の構想
   ・総合相談を展開することの意味―個別支援から地域づくりへ―

第2章 地域を基盤としたソーシャルワーク
 1 「地域を基盤としたソーシャルワーク」の全体像
   ・「地域を基盤としたソーシャルワーク」の定義
   ・基礎理論としての「ジェネラリスト・ソーシャルワーク」
   ・「地域を基盤としたソーシャルワーク」の理念と特質
    ほか
 2 「地域を基盤としたソーシャルワーク」の機能
   ・広範なニーズへの対応
   ・本人の解決力の向上
   ・連携と協働
    ほか

第3章 地域拠点での「総合相談」の実際-理論から実践へ-
 1 地域における「総合相談」の展開
   ・地域で展開する「総合相談」の概念
   ・実践概念としての「総合相談」における「総合」の意味
   ・理念に基づいた「総合相談」の展開とその課題
 2 地域拠点の開設に向けて
   ・全戸訪問調査による生活課題の把握
   ・モデル拠点開設のための地域選定
   ・地域拠点活動の周知
    ほか
 3 地域拠点での「総合相談」の取り組み
   ・身近な福祉相談所ぽっと
   ・「総合相談」の体制構築における行政の役割
   ・「総合相談」における専門職の役割
    ほか

第4章 ソーシャルワークにおける「価値」の位置と全体像
 1 ソーシャルワーク実践の根拠としての「価値」
   ・ソーシャルワーク実践の援助特性
    ―「価値」が持つ実践上の意味―
   ・ソーシャルワークにおける「価値」の位置
    ―知識・技術・価値の三位一体による援助―
   ・ソーシャルワーク研究と「価値」の接点
    ほか
 2 中核的価値としての「本人主体」と根源的価値
   ・中核的価値としての「本人主体」
   ・ソーシャルワーク実践の根源―3つの根源的価値―

書籍データ
著者岩間伸之、野村恭代、山田英孝、切通堅太郎=著 判型A5
ISBN978-4-8058-5981-0 頁数186頁
発行日2019年12月15日 価格2,860円(税込)
e-booksで購入

関連商品