• HOME
  • 福祉
  • 子どもが発達障害といわれたら

子どもが発達障害といわれたら 幼児期から大人になるまでのQ&A70

言葉が遅い、一方的に話すなど、子どもの発達に不安を持つ親のため、場面ごとのかかわり方や育ちに合わせた対応の仕方をイラストとQ&Aでわかりやすく解説する。
進学、就職など大きくなってからのテーマも収載。
子どもの将来を前向きに考えることができるようになる一冊。



目  次
第1章 発達障害の基礎知識
 ・発達の障害ってなんですか?
 ・発達障害の原因はなんですか?
 ・子どもの発達が気になったら、どうしたらいいのですか?
 ・障害はどういうふうに診断されるのですか?
 ・障害があるとわかったら、どうしたらいいのですか?
  ほか

第2章 その子なりの独り立ちにいたるために
就学まで
 ・声をかけても反応がない
 ・言葉がまだ出ない
 ・ほかの友だちと遊べない
 ・周りに合わせて動かない
 ・小学校の環境になじめるか
  ほか
学齢期
 ・授業中に立ち歩く
 ・友だちとうまくかかわれない
 ・先生に怒られてばかりいる
 ・特別支援学級に移る選択
 ・中学校への進学
  ほか
学齢後
 ・高校(高等部)卒業後の進路
 ・就職先への障害の開示
 ・子どもに合った仕事を探すには
 ・親元からはなれて暮らすには
 ・親なきあと
  ほか

書籍データ
著者中田洋二郎=監修/猿渡知子、楯 雅博=編 判型A5
ISBN978-4-8058-5935-3 頁数160頁
発行日2019年8月30日 価格1,980円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品