• HOME
  • 福祉
  • 相談援助職の「伝わる記録」

相談援助職の「伝わる記録」 現場で使える実践事例74

相談援助という目に見えない業務の実績を残し、第三者に説明する唯一の方法が「記録」である。
本書では74の記録例を掲載し、それぞれに「気になる点」「修正のポイント」を具体的に示した。
好評のロングセラー『相談援助職の記録の書き方』と併せて読んでいただきたい一冊。

◆姉妹編『相談援助職の記録の書き方』はこちら



目  次
第1章 相談援助職として書く記録
 第1節 記録の目的
 第2節 記録の内容
 第3節 記録の体裁(「見た目」や「書きぶり」)
 第4節 進捗記録のフォーマット

第2章 専門職として適切な表現集
    -MSE(Mental Status Exam メンタル・ステータス・エグザム)をふまえて-
 MSEを用いて言語化する場合の留意点
 ・全般的な見かけや身だしなみ
 ・体の動きや運動機能
 ・発言の量と質
 ・思考過程
 ・思考の内容
 ・知覚障害
 ・面接時の態度
  ほか

第3章 記録の実際74-事例と解説-
 ・自宅での転倒
 ・高齢者虐待の疑い
 ・受診同行
 ・連携先での出来事
 ・サービスの利用状況について
 ・関係者に関する苦情
 ・介護で追い詰められた家族
 ・介護者の負担
 ・家族との面接
 ・高齢者の初回面接
 ・認知症患者のアセスメント
 ・障害児の療育
 ・介護者による暴力の疑い
 ・家族との電話
 ・サービス担当者会議のまとめ
  ほか

書籍データ
著者八木亜紀子=著 判型B5
ISBN978-4-8058-5932-2 頁数192頁
発行日2019年8月 1日 価格2,376円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品