ステップアップ介護 よくある場面から学ぶ認知症ケア

介護職の「知識」を「実践力」に変えるシリーズ。
「認知症ケア」では、やってしまいがちなケアなどの場面を通して、介護技術も含めた日々の生活のかかわり方から認知症のある人への対応を解説。
基本のかかわりを見直し、利用者に安心を感じてもらう対応を実践するための一冊。



目  次
Part1 生活全体にかかわること
 ・丁寧に声かけをしているつもりなのに緊張感を与えてしまう……
 ・会話をどううまく引き出せばいいの?
 ・徘徊を防ぐには鍵をかける?!
  ほか

Part2 移動・移乗
 ・起き上がりの介助はてきぱきと?!
 ・体位が不安定なときは全介助するのが基本?!
 ・移乗介助のときに怖がらせてしまうのはなぜ?
  ほか

Part3 食事
 ・食事がすすまないのはおなかがすいていないから?
 ・とろみ食にしても食べてもらえない……
 ・歯みがきもみんなと一緒に食堂で?!
  ほか

Part4 排泄
 ・定時誘導はダメなの?
 ・おむつ交換したいのに、足を広げてもらえない……
 ・トイレまで行くことができるのに誘導は必要?!
  ほか

Part5 入浴・着替え
 ・入浴介助をいやがるのは、お風呂に入りたくないから?!
 ・混乱を防ぐために入浴時間を固定する?!
 ・入浴後に声をかけても衣服を着てもらえない……
  ほか

Part6 睡眠
 ・夜寝るためには、日中たくさん活動をするのが大切?!
 ・夜間睡眠にどうつなげていいかわからない……
 ・毎日、昼寝はしっかりとすることが大切?!
  ほか

書籍データ
著者山出貴宏=著 判型A5
ISBN978-4-8058-5929-2 頁数186頁
発行日2019年9月 1日 価格1,944円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品