ステップアップ介護 よくある場面から学ぶコミュニケーション技術

介護職の「知識」を「実践力」に変えるシリーズ。
「コミュニケーション技術」では、現場の介護職が「やってしまいがち」「困ってしまう」などの場面を取り上げ、うまくいかない理由とその改善方法を解説。
コミュニケーションにおける自分の強みと、その活かし方も紹介。



目  次
Part1 利用者・家族とのコミュニケーション
 1 介護中によくある場面
   ・事故の可能性がある利用者には「~しないでください」と注意するのがよい?!
   ・「よくわかります!」と言ったのに不安そうなのはどうして?!
   ・「これに着替えてください」と着替えを用意するのがよい?!
    ほか
 2 ダメなのについやってしまいがちな場面
   ・作業をしながら同時に話を聞いていることがある?!
   ・利用者を「ちゃん」づけで呼んでいる?!
   ・「早く~してください」と利用者の行動を急かしている?!
    ほか
 3 一見よさそうに見える場面
   ・ふさぎ込んでいる利用者ははげますのがよい?!
   ・くつろいで利用者の話を聞くのがよい?!
   ・スキンシップは多いほうがよい?!
    ほか
 4 対応に困ってしまう場面
   ・「財布がなくなった」と訴える利用者に事実を伝えてもよい?!
   ・自発的に話すことが難しい利用者には、大きな声で話すのがよい?!
   ・意欲が低下している利用者には、積極的に参加をすすめるのがよい?!
    ほか
 5 利用者とのコミュニケーションで苦手なことがある
   ・口下手で話すことが苦手
   ・あいさつの後の間が苦手
   ・視線を合わせることが苦手
    ほか

Part2 職員とのコミュニケーション
 1 職場でよくある場面
   ・聞きたいことがあると、つい相手の話に割り込んでしまう?!
   ・言いたいことが、正確に伝わらない?!
   ・つい言い方がきつくなってしまう?!
    ほか
 2 ついやってしまいがちな場面
   ・他職種に何も言えない
   ・つい言い過ぎてしまう
   ・理解できていないのに、わかったことにしている
    ほか
 3 一見よさそうに見える場面
   ・同僚の愚痴に話を合わせている?!
   ・言葉をそのままの意味として受け取っている?!
   ・上司への報告は求められたときにしている?!
    ほか

Part3 自分の強みをいかす
 ・あなたの強みはなに?
 ・自分のタイプを知ろう!
   タイプ1のあなたは……
   タイプ2のあなたは……
   タイプ3のあなたは……
   ほか

書籍データ
著者大谷佳子=著 判型A5
ISBN978-4-8058-5927-8 頁数180頁
発行日2019年9月 1日 価格1,944円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品