ソーシャルワーカーのための女性支援ガイドブック

女性はライフサイクルにおいて、ハラスメント、DV、貧困、介護負担など、さまざまな困難に遭遇しやすい。
本書はその社会的な背景も含め年代ごとに課題を整理し、支援に活用できる社会資源を網羅的に紹介。
支援機関、行政、医療機関など女性支援にかかわる相談職必携。



目  次
第1章 上手に相談にのるために
 1 女性の相談で頭に入れておきたいこと
 2 女性にとって「支援してくれる人」とは?
 3 制度と社会資源について
 4 アセスメントの視点

第2章 女性のライフサイクルの特徴と現代的課題
 ・ライフサイクルに沿って
 1 女性の心と体
 2 学生時代(10代半ば~20代前半)
   ―大人になる
 3 就職期(10代後半~20代)
   ―社会へ出ていく
 4 結婚を考える時期(20代後半~30代)
   ―新しい家族を育む
 5 子育て期(20~40代)
   ―子どもとともに育つ
 6 熟年期(50~60代)
   ―再び輝く自分を生きる
 7 老年期(70代~)
   ―支え合い生きる

第3章 女性が受けやすい暴力・支配関係
 1 女性たちを取り巻く環境
 2 ドメスティック・バイオレンス(DV)
 3 デートDV、ストーカー被害
 4 ハラスメント
 5 性暴力被害
   ほか

第4章 女性を支援する社会資源
 ・社会保障制度と社会資源
 1 専門相談
   ・女性専門の窓口に行きたいとき
 2 学校・学生生活
   ・学生生活でつまづいたとき
 3 仕事
   ・女性が仕事を探すとき
   ・妊娠、子育てをしながら働くとき
   ・介護をしながら働くとき
    ほか
 4 結婚、出産
   ・結婚するとき
   ・出産するとき
 5 子育て
   ・子育てのサポートがほしいとき
   ・子どもに障害があるとき
   ・学童期から思春期にかかるとき
    ほか
 6 別居、離婚
   ・別居、離婚したとき
   ・ひとり親家庭の場合
 7 病気や障害
   ・病気や障害について相談したいとき
   ・医療が必要なとき
   ・障害の状態になったとき
 8 高齢
   ・高齢になったとき
 9 生活困窮
   ・生活やお金に困ったとき
 10 暴力、支配
   ・暴力に対して
   ・デートDV、ストーカーの相談機関
   ・性暴力被害の相談機関

付録 心が弱っているときの対処のヒント

書籍データ
著者女性の暮らしやすさを考えるソーシャルワーク研究会=編著 判型A5
ISBN978-4-8058-5906-3 頁数232頁
発行日2019年6月24日 価格2,160円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品