改訂 実践事例に学ぶケアマネジメントの展開 介護支援専門員法定研修対応

介護支援専門員の法定研修に対応したテキスト。
演習に利用できる様々なツールとともに、カリキュラムに即した10の事例を収載。
事例は、アセスメント、ケアプランの作成からモニタリングまで、ケアマネジメントの過程に応じて展開され、演習を通じて利用者理解が深められる。


目  次
第1部 基礎編
 第1章 介護保険制度の理念・介護保険制度論
   第1節 介護保険創設の意義
   第2節 介護保険法の基本的理解
   第3節 高齢者・介護を取り巻く状況
       ほか
 第2章 介護支援専門員研修の成り立ち
   第1節 介護支援専門員研修事業の概要と
       新カリキュラムについて
   第2節 課題整理総括表・評価表の活用について
 第3章 主任介護支援専門員の役割
   第1節 主任介護支援専門員とは
   第2節 主任介護支援専門員の役割
 第4章 医療介護連携、多職種連携(チームマネジメント)の意義
   第1節 医療との連携方法について
   第2節 医療機関への入退院時における連携
   第3節 ふだんからの主治医、かかりつけ医との連携
       ほか
 第5章 相談援助専門職としての基本姿勢・相談援助技術
   第1節 相談援助面接とは
   第2節 相談援助面接の目的
   第3節 援助関係形成のための基本的態度の原則
       ほか
 第6章 事例研究・事例指導方法・スーパービジョンの実践
   第1節 事例研究・事例指導
   第2節 スーパービジョンとは

第2部 展開編
 第1章 ケアマネジメントの展開過程
   第1節 ケアマネジメントの定義と考え方
   第2節 ケアマネジメント過程
 第2章 インテーク・課題分析(アセスメント)の方法・演習
   第1節 インテーク面接とその構成
   第2節 「インテーク面接」で援助職者が達成すべきポイント
   第3節 課題分析(アセスメント)とは
       ほか
 第3章 介護サ-ビス計画作成演習
   第1節 介護サービス計画(ケアプラン)の考え方
   第2節 介護サービス計画作成の手順と書き方
   第3節 介護サービス計画書(ケアプラン)作成演習
 第4章 サ-ビス担当者会議の意義・演習
   第1節 サービス担当者会議の意義・進め方
   第2節 サービス担当者会議における
       介護支援専門員の役割
   第3節 サービス担当者会議の演習
 第5章 モニタリング及び評価・演習
   第1節 モニタリングとは
   第2節 モニタリングの目的及び視点
   第3節 モニタリングの方法及び再アセスメントの視点
       ほか
 第6章 「個別サ-ビス計画」との連動性の検証
   第1節 「介護サービス計画」と「個別サービス計画」の
       連動の必要性
   第2節 「個別サービス計画」との連動性についての演習

第3部 事例編
 第1章 事例を活用した演習方法
   第1節 本書の活用について
   第2節 【専門研修過程Ⅰ】【専門研修過程Ⅱ】における活用方法
   第3節 【主任介護支援専門員研修】【主任介護支援専門員更新研修】
       における活用方法
       ほか
 第2章 事例
   1 リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例
   2 看取り等における看護サービスの活用に関する事例
   3 認知症に関する事例
     ほか

書籍データ
著者NPO法人岡山県介護支援専門員協会=監修/堀部 徹、矢庭さゆり=編著 判型A4
ISBN978-4-8058-5904-9 頁数396頁
発行日2019年6月20日 価格3,780円(税込)
e-booksで購入

関連商品