保育・教育施設における事故予防の実践 事故データベースを活かした環境改善

年々増え続ける保育所等での事故。
「次から気をつけましょう」という注意喚起だけでは、根本的な解決に結びつかない。
本書は、環境改善アプローチにより事故の原因を追求し、改善に向けた保育現場のPDCAサイクルを提案。
具体的な事故防止マニュアルの見直しにつなげる。



目  次
第1章 保育・教育施設における事故の実態
 1 なぜ子どもを守るのは難しいのか?
 2 科学的な視点による傷害予防の見直し

第2章 傷害予防の基本的な考え方
 1 傷害予防の基本的な考え方:3つのE
 2 社会の典型的な反応と、傷害予防につながる仕組みづくり

第3章 科学的傷害予防の基本手順
     ―リスクの考え方、データの収集と活用
 1 キーワードの理解
 2 科学的傷害予防の基本手順
 コラム リスクの発見(応用編)
 3 予防方法の開発
 コラム 「けがからの学び」について
 4 家庭への科学的傷害予防の普及に向けた保育・教育施設の役割

第4章 予防につながる事故・ヒヤリハットデータの収集と予防への取り組み
 1 予防のための事故・ヒヤリハットデータの記録
 2 既存の事故データベースの活用
 3 職員・教員への研修
 4 Love&Safetyおおむら:地域で取り組む子どもの傷害予防プロジェクト

第5章 頻発事故への予防の提案と実践
 1 誤飲・中毒
 コラム 食物アレルギーとアナフィラキシー反応
 2 溺水
 3 やけど
 4 転倒・転落
 5 交通事故
 6 遊具による事故
 7 窒息
 8 熱中症
 9 応急処置と心肺蘇生法
 コラム 119番のかけ方
 コラム 乳幼児突然死症候群
 10 野外保育における事故

第6章 保育の安全にかかわる法律
 1 「法」とは?
 2 保育・教育施設に適用される法
 3 子どもの事故に関する責任
 4 裁判例から学ぶ事故実例

書籍データ
著者西田佳史、山中龍宏=編著 判型B5
ISBN978-4-8058-5854-7 頁数194頁
発行日2019年5月20日 価格3,024円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品