身近な事例で学ぶケアマネジャーの倫理

利用者や家族、事業所等の間に挟まれ、日々「何かおかしい」「本当にこれでよいのか?」と悩むケアマネジャーの倫理的な実践力を高めるための本。
専門職の倫理についての基礎的な解説だけでなく、ケアマネ業務の倫理的な問題を多数収載。
みんなで考える演習に活用できる一冊。


目  次
序 章 なぜ、ケアマネジャーに倫理が求められるのか
 Ⅰ 個人の尊厳を守る役割
  1 個人の尊厳を守ること
  2 今、ケアマネジャーが倫理的感受性を高める意義
  3 倫理的感受性を高めるために
 Ⅱ 専門職に求められる倫理
  1 専門職とは
  2 専門職と倫理綱領
  3 利用者中心のケアマネジメント

第1章 倫理実践のための基礎知識
 Ⅰ 倫理とは何か
  1 道徳・倫理・法の整理
  2 専門職における倫理と責任
 Ⅱ 価値の検討
  1 価値とは何か
  2 価値の意識化
  3 個人的・職業的・組織的価値と感情
 Ⅲ 倫理原則
  1 倫理原則が生まれた背景
  2 医療倫理の原則
  3 臨床倫理の4分割法
    ほか

第2章 ケアマネジャーと倫理
 Ⅰ ケアマネジメント機能の3期分類
  1 ケアマネジメント機能の変遷とその分類
 Ⅱ ケアマネジメント機能と業務の変遷
  1 最小限モデル
  2 より深い個別支援をめざした調整機能強化モデル
  3 個別支援から地域づくりにつなぐ包括的モデル
 Ⅲ 介護支援専門員の倫理綱領
  1 介護支援専門員が公言した社会との約束
  2 「介護支援専門員 倫理綱領」と倫理綱領解説

第3章 事例を通して考えるケアマネジメントにおける倫理
 Ⅰ 利用者・家族とケアマネジャーとの間で直面する倫理的問題
  1 はじめに
  2 個人的価値観と職業的価値観の対立から生じる問題
  3 利用者の家族役割に対する偏見から生じた問題
    ほか
 Ⅱ ケアマネジャーの専門職意識にかかわる倫理的問題
  1 専門職意識の希薄さに関する問題
  2 個人情報紛失による情報漏洩の危険性に関する問題
  3 コミュニケーション能力の不足から生じた問題
    ほか
 Ⅲ ケアマネジャーと関連職種間における倫理的問題
  1 公正性、誠実性の欠如から生じた問題
  2 個人情報の取り扱いにかかわる問題
  3 利用者の利益と保険者との関係性にかかわる問題
    ほか

第4章 利用者との信頼関係構築に向けて
 Ⅰ 信頼関係とは何か
  1 信頼とは何か
  2 専門職と利用者との信頼関係
 Ⅱ 信頼関係とコミュニケーション
  1 コミュニケーションはキャッチボール
  2 相互理解に不可欠なコミュニケーション
  3 ケアリング―ともに成長していく関係
    ほか
 Ⅲ 言語的コミュニケーションと非言語的コミュニケーション
  1 コミュニケーションの要素
  2 言語的コミュニケーション
  3 非言語的コミュニケーション
 Ⅳ コミュニケーションを深めるために
  1 自分を理解する
  2 他者への関心をもつ
  3 専門職としての自覚
    ほか
 Ⅴ 非効果的コミュニケーションを避けるために
  1 専門用語・略語を用いない
  2 相手を批判しない
  3 根拠のない慰めをしない
    ほか
 Ⅵ チームアプローチにおけるコミュニケーション
  1 専門職としての責務
  2 利用者第一主義
  3 率直に話し合える関係
    ほか

第5章 事例検討会や研究で配慮すべき倫理的視点
 Ⅰ 事例検討会における基本的配慮
  1 基本的な配慮
  2 利用者不在の事例検討会の現状と課題
 Ⅱ 研究における倫理的配慮
  1 研究倫理とは
  2 研究における倫理的配慮
  3 研究倫理指針

巻末資料
 ・医の倫理綱領
 ・看護者の倫理綱領
 ・人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン
  ほか

書籍データ
著者宮脇美保子、石山麗子=著 判型A5
ISBN978-4-8058-5852-3 頁数290頁
発行日2019年3月31日 価格2,700円(税込)
e-booksで購入

関連商品