みえる認知症ケア ひもときシート“アシスト” BPSD改善ガイド

認知症ケアに「ひもときシート」がより効率的・実践的に活用できるように開発された“アシスト”版のガイドブック。
その考え方や記入法、活用方法、事例等を解説する。
エリアの簡略化、チェック項目の追加、BPSD評価の充実等を図り、医療連携も考慮した工夫を行なった。


目  次
第1章 ひもときシート“アシスト”とは
 1 ひもときシートの誕生とオリジナル版ひもときシート
 2 ひもときシート“アシスト”の構造
 3 ひもときシート“アシスト”の特徴
 4 ケアマネジメントの中の位置づけ

第2章 ひもときシート“アシスト”ガイドライン
 1 ガイドラインの使い方
 2 BPSDの背景
   ①病気と薬
   ②健康状態
   ③本人要因
   ④人的環境・物理的環境
 3 要因分析から統合(ひもとき)への認知心理学

第3章 BPSD別ガイドライン
 1 食事の際に口を開いてもらえない(介護拒否)
 2 着替えの介護で怒鳴られたり叩かれたりする(暴言・暴力)
 3 気づかないうちに建物の外に出てしまう
 4 ものを盗られたなどの訴えがよく聞かれる(もの盗られ妄想)
 5 ずっと不安そうにしてスタッフについてくる(不安・不穏)
 6 いつも疲れていて、ボーッとしていたり、寝ていたりする(うつ状態)

第4章 ひもときシート“アシスト”の活用事例
 1 みえ子さんの事例
 2 A子さんの事例

書籍データ
著者認知症介護研究・研修東京センター=監修/宮島 渡=編集代表 判型B5
ISBN978-4-8058-5848-6 頁数130頁
発行日2019年3月20日 価格1,944円(税込)
e-booksで購入

関連商品