地域共生社会に向けたソーシャルワーク 社会福祉士による実践事例から

地域における住民の組織化、
領域横断的な支援など、
いまSWに求められるスキルを
実践事例を通して具体的に学べる一冊!
地域共生社会の実現のために、ソーシャルワーカーが果たすべき役割・機能について解説した一冊。
個別支援と地域支援に一体的に取り組んだ事例、ソーシャルアクションにより社会課題の解決を図った事例など、6つの実践事例を通して、これからのソーシャルワークを考える。


目  次
第1章 地域共生社会の理念とパラダイム
 1 地域共生社会と差別
 2 地域共生社会の理念
 3 地域づくりの方向性
 4 政策としての地域共生社会
 5 包括的支援体制
 6 改正社会福祉法
 7 改正地域福祉計画にかかわる
   「参加」について
 8 圏域の設定と「地域福祉行動計画」の
   必要性
 9 地域福祉計画の策定過程と地域住民の
   「学び」
10 地域共生社会の実現に向けた
    ソーシャルワーク

第2章 地域共生社会の実現に向けた
     ソーシャルワークの実践方法
 1 地域共生社会の実現に向けて
   求められるソーシャルワークの機能
 2 地域共生社会の実現に向けた
   ソーシャルワーク実践

第3章 ソーシャルワーク実践事例
 1 複合的な課題を抱える高齢者の
   看取りと地域づくりの実践
 2 地域支援のなかから個別ニーズの
   発見を行い、その対応のなかから
   新たな社会資源を構築していった実践
 3 生活困窮者支援を通した
   「ひきこもり支援」のしくみづくりの
   実践
 4 学校へのコンサルテーションにより
   子ども・家庭・学校・地域の
   主体的つながりを実現した実践
 5 社会的孤立・排除の解消から
   生きがいを生み出す地元商店街との
   協議の実践
 6 多様な働きかけによる世論喚起と
   現実的な要求で刑法改正を実現した
   実践

第4章 地域共生社会の実現に
     求められる人材
 1 社会保障審議会福祉部会
   福祉人材確保専門委員会
 2 委員会の議論の到達点
 3 地域共生社会の実現に資する
   体制構築を推進するために
   社会福祉士に求められるもの
 4 地域共生社会の創出に向けて

書籍データ
著者公益社団法人日本社会福祉士会=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-5756-4 頁数162頁
発行日2018年10月20日 価格2,592円(税込)
e-booksで購入

関連商品