よくわかる成年後見制度活用ブック 精神障害や認知症などのある人の意思決定支援のために

精神障害者・認知症者の様々な問題(触法・他害行為・虐待・セルフネグレクト・治療拒否・長期入院・親族間調整・詐欺被害・財産処分など)への成年後見人の具体的な対応を、事例を挙げて解説する。
成年後見制度の概要や、その対象となる精神疾患・症状の概要も理解できる。


目  次
第1章 成年後見制度と意思決定支援
     -成年後見人の基本姿勢
 1 判断能力が不十分な人の意思決定支援
 2 意思決定を支援する仕組みと
   意思決定の尊重
 3 成年後見人としての倫理

第2章 判断能力が不十分な人への
     生活の支援
 1 生活にかかわる法制度
 2 生活を支える社会資源
 3 地域包括ケアシステムと
   多職種による支援ネットワーク

第3章 成年後見制度の活用
 1 成年後見制度の申立て
 2 成年後見制度を活用する理由
   ―そのメリットとデメリット

第4章 精神障害・認知症の人に対する
     成年後見人等の具体的対応
 1 統合失調症の再発
   ―精神科医療の仕組み
 2 関係性の構築を難しくする幻聴・妄想
   ―長期入院者へのかかわりと
     チームによる支援
 3 放火などの重大な他害行為
   ―心神喪失者等医療観察法対象者の
     地域生活支援
   ほか

第5章 対象疾患・障害の概要
 1 精神疾患・精神障害の概要
 2 統合失調症
 3 感情障害
   ほか

第6章 成年後見制度の限界と課題
 1 成年後見制度の限界
 2 成年後見制度の課題

資料
 1 公益社団法人日本精神保健福祉士協会
   の倫理綱領
 2 成年後見制度に関する見解
 3 成年後見制度に関する横浜宣言
   ほか

書籍データ
著者公益社団法人日本精神保健福祉士協会=監修/岩崎香、田村綾子=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-5749-6 頁数252頁
発行日2018年10月10日 価格2,808円(税込)
e-booksで購入

関連商品