ソーシャルワーカーの成長を支えるグループスーパービジョン 苦しみやつまずきを乗り越えるために

生身のソーシャルワーカーの
迷い、苦悩、ジレンマに焦点をあてた
12のグループスーパービジョンを収載
ソーシャルワーカーなら誰もが経験する迷いや苦悩。
そうした苦しみやつまずきに焦点を当てたグループスーパービジョンを逐語録で収載。
壁を乗り越え、成長するための気づきやアドバイスがつまった一冊。
GSVを行うための仲間やバイザーの見つけ方、事例検討会の方法も収載。


目  次
第1章 本書の活用の仕方
 1 本書の目的
 2 グループスーパービジョンを
   始めたきっかけ
 3 本書の構成と活用方法

第2章 苦しみやつまずきを乗り越える
     グループスーパービジョンの実際
 1 スタッフがかかわりに疲れてしまった
   難病患者とその家族への支援
   ~私は何もできないという
    無力感のなかで
 2 ターミナル期のがん患者へのかかわり
   ~ソーシャルワーカーとしての私と
    個人としての私
 3 「了解のよくない」家族への支援
   ~寄り添うことが難しいクライエント
 4 重症心身障害児の養育問題をかかえる
   母親への援助
   ~怒りや攻撃的な感情表出の理解
 5 入院中に離婚となり、一人暮らしを
   余儀なくされたうつ病患者への支援
   ~寄り添いに時間がかかる
    クライエント
 6 HIV/AIDS患者へのかかわり
   サポートチーム作りを通して
   ~社会的偏見を抱えた患者さんを
    支援するために
 7 乳児院家庭支援専門相談員としての
   かかわり
   ~ソーシャルワーカーの専門性の確認
 8 介入を望まない高齢者へのアプローチ
   ~いかに心の扉をひらいていくのか
 9 チームアプローチを進めていくために
   ~私は何をすればよいのか
10 矛盾を経験した私
   ~5事例を振り返って伝えられること
11 デイサービスセンターにおける
   ソーシャルワーカーの実践記録
   ~年表を作ってみて
12 地域における
   医療ソーシャルワーカーの活動
   ~X区医療福祉相談会の成り立ちと
    今後の課題について

第3章 やってみよう!
     グループスーパービジョン
 1 仲間を探し、関係と場を作る
 2 グループスーパービジョンにつなげる
   事例検討会
 3 セルフスーパービジョン

書籍データ
著者山崎美貴子=監修/明治学院大学山崎美貴子ゼミソーシャルワーク勉強会=著 判型A5
ISBN978-4-8058-5699-4 頁数174頁
発行日2018年5月10日 価格2,376円(税込)
e-booksで購入

関連商品