つながり、支え合う福祉社会の仕組みづくり

社会経済構造の変動に伴う
さまざまな生活上の困難について、
支えあう福祉社会の仕組みづくりを
提案する一冊
社会福祉のサービスが届けられるべき人に届いているかを検証しつつ、高齢者、障害者、子どもの社会的孤立に対応する「見守り・自立支援の仕組み」と、「横断的・普遍的な地域支援システム」を提案する一冊。


目  次
序 章 つながりを求めて
    -当事者主体の暮らしを
      実現するための福祉に
      必要なこと-

第1部 地域で起きている
     「つながりにくさ」
 1 高齢者の地域生活困難と支援
  ・支援につながりにくい事例に対する
   地域福祉実践
  ・インフォーマル支援と
   フォーマル支援の
   「つながりにくさ」と「つなぎ方」
  ・中国帰国者が日常生活で抱える
   困難と支援
 2 障害者の地域生活困難と支援
  ・障害者総合支援法における
   協議会と当事者
  ・障害者施設における
   「つながりにくさ」と当事者活動
  ・スポーツを通じてつながる
   スペシャルオリンピックスの実践
 3 子どもの地域生活困難と支援
  ・地域社会における母子家庭の生活と
   その援助過程の「見える化」
  ・被災地における
   子どもの意見表明・参加と
   児童福祉課題

第2部 地域における福祉社会の開発
 4 つなぐ実践を支える理論・視座
  ・当事者支援とアドボカシー
  ・知的障害者の自己決定支援と
   意思決定支援
 5 つなぐ実践を支える関係づくり
  ・住民の見守りネットワークをつなぐ
  ・当事者との間に立つコーディネート
 6 つなぐ実践を支える人材育成
  ・専門職の研修システム
  ・市民レベルの組織づくりと人材育成
 7 つなぐ実践を支える組織と資源

第3部 福祉社会をどう開発するか
 8 相模原障害者殺傷事件からみえること
 9 「つなぐ」関係からみた
   日本の社会構造
 10 つながりによる援助の
   利用可能性について

書籍データ
著者東洋大学福祉社会開発研究センター=編集 判型A5
ISBN978-4-8058-5649-9 頁数312頁
発行日2018年3月25日 価格3,456円(税込)
e-booksで購入

関連商品