基本保育シリーズ 1 保育原理  第2版

新しい保育所保育指針に基づいた、
3ステップでわかりやすい構成!
保育士養成カリキュラムに準拠したテキスト。
保育士に必要な知識と技術をわかりやすく解説し、質の向上に貢献する。
保育所保育指針に基づく保育の理念、役割、制度、実践を踏まえ、保育者として現場に出る基礎力を養う。
巻末に平成29年告示の指針全文を収載。


目  次
第1講 保育の理念と概念
 ・育つこと・育てること
 ・保育と教育
 ・子ども・子育て支援新制度について
  ほか

第2講 保育の社会的役割と責任
 ・保育所等に期待される役割
 ・子どもの虐待防止と保育
 ・保育所等の防災対策
  ほか

第3講 保育の制度的位置づけ
 ・日本の保育制度
 ・社会的養護と保育
 ・地域子育て支援事業と保育
  ほか

第4講 保育所保育指針に基づく保育
 ・保育所保育指針とは何か
 ・保育所保育指針と幼稚園教育要領
 ・幼保連携型認定こども園教育・保育要領
  ほか

第5講 3歳未満児の保育
 ・3歳未満児の保育の基本
 ・乳児保育の内容
 ・1歳以上3歳未満児の保育の内容
  ほか

第6講 3歳以上児の保育
 ・3歳以上児の保育の基礎
 ・個々の子どもの実際と背景
 ・幼児期の終わりまでに育ってほしい姿を
  活用した保育の可視化と発信
  ほか

第7講 子育て支援と家庭との連携
 ・子育てをめぐるさまざまな問題
 ・保育所における地域子育て支援
 ・保育所に入所している子どもの
  保護者への子育て支援・家庭との連携
  ほか
第8講 保育の目標と方法
 ・保育所保育指針にみる保育の目標
 ・生活と遊びを通した総合的な保育
 ・生活のなかでの学び
  ほか

第9講 保育の計画・実践および評価
 ・保育の計画の意義
 ・保育の計画と実践
 ・保育の評価と改善
  ほか

第10講 諸外国の保育の思想と歴史①
 ・中世までの保育と保育思想
 ・近代市民社会への転換期における子どもの状況
 ・保育思想家・実践家たちの影響と現代的意義
  ほか

第11講 諸外国の保育の思想と歴史②
 ・家族のあり方の変化と子ども
 ・児童中心主義の思想家・実践家
 ・心理学研究・脳科学研究の発展による
  保育への影響
  ほか

第12講 日本の保育の思想と歴史①
 ・近代までの日本の保育の思想と歴史
 ・江戸時代の施設保育の構想
 ・日本の近代的な施設保育のはじまりと発展
  ほか

第13講 日本の保育の思想と歴史②
 ・保育制度の整備と保育施設の広がり
 ・日本の新教育運動(大正自由主義教育運動)と
  戦前の保育
 ・戦後の保育
  ほか

第14講 諸外国の保育の現状と課題
 ・世界の保育の制度
 ・世界の保育
 ・保育の提供と量的拡大
  ほか

第15講 日本の保育の現状と課題
 ・子育てにかかわる現状と課題
  ―待機児童問題
 ・子ども・子育て支援新制度のこれから
  ―子ども・子育て支援新制度の特徴
 ・地域でともに子どもを育てる
  ―子育ての私事性と公共性の融合をめざして
  ほか

参考資料
 ・保育所保育指針

書籍データ
著者公益財団法人児童育成協会=監修/天野珠路、北野幸子=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-5601-7 頁数230頁
発行日2017年12月15日 価格2,160円(税込)
e-booksで購入

関連商品