障がいのある人の性 支援ガイドブック

「性的自立」に目をつむっていたら、
真の障害者「支援」はできない
障がいのある人の性について、基本的な考え方と具体的な支援方法を学ぶ。
児童の性器いじり、性教育、恋愛・デート、望まない妊娠、半身不随の人の出産等、豊富なケーススタディを収載。
「性とは何か」を通して真の自己決定支援を考える、障がい者福祉関係者必携の書。


目  次
Ⅰ 障がいのある人の
   「性的自立の支援」とは?
 第1章 障がいのある人の性を
      理解するための4つの基本原則

  ・今こそ「障がい」と「性」を
   真剣に考える
  ・障がいのある人の性を理解するための
   4つの基本原則
  ・性に対する合理的配慮を実現する

Ⅱ 場面別でみる
   障がいのある人の性への支援
 第2章 障がいのある子どもの思春期
  ・障がいのある子どもにとっての
   思春期とは?
  ・二次性徴による心と身体の変化を
   どう教えるか?
  ・相手の気持ちを理解して
   関係を作るスキルをどう教えるか?
 第3章 障がいのある人が
      性生活のスタートラインに
      立つための支援

  ・障がいのある人の初体験物語を通して
   考える
  ・性生活のスタートを支える5つの条件
  ・「初体験」の重要性を理解する
 第4章 障がいのある人が
      恋愛のスタートラインに
      立つための支援

  ・障がいのある人が、他者と人間関係を
   育むということ
  ・いつ・どこで・どのように
   スキルを磨くのか
  ・「試行錯誤」の重要性を理解する
 第5章 障がいのある人の性に
      「見て見ぬふり」を
      しないための支援

  ・障がいのある人の地域社会への参加と
   性の関係
  ・障がいのある人が地域で暮らすために
   必要な条件

書籍データ
著者坂爪真吾=著 判型A5
ISBN978-4-8058-5592-8 頁数242頁
発行日2017年11月20日 価格2,700円(税込)
e-booksで購入

関連商品