保育現場の人間関係対処法 事例でわかる! 職員・保護者とのつきあい方

保育の人間関係によるストレスは
この1冊で解消!
人間関係に行き詰まった保育者必読!
人間関係によるストレスで体調不良や離職につながる保育者は多い。
本書では職員同士、保護者との人間関係によるストレスに焦点を当て、その対処法を考える。
園長、ベテラン、若手それぞれの立場で書かれた事例を豊富に収載。
事例の読み解き方も解説しているので園内研修にも最適。




目  次
第1章 保育者を取り巻く現状とストレス
 1 続けたくても続けられない
   ―保育者不足の現状と要因―
 2 保育者のストレス
   ―さまざまな負担が保育の質を
    脅かす―
 3 憧れの保育の世界、
   こんなはずじゃなかった!?
   ―初任保育者が出会う戸惑いや
    不安の正体―
   ほか

第2章 保育における感情労働
 1 保育者の感情労働
   ―保育者の専門性であり、
    ストレス要因でもある―
 2 保育者の感情リテラシーの重要性
   ―感情の役割と、感情を健やかに保つ
    重要なスキル―
 3 バーンアウト(燃えつき)とその予防
   ―過度のストレスによる
    消耗・疲弊状態―
   ほか

第3章 職員との関係におけるストレスと
     その対処法
 【初任保育者】
  いろいろ聞きたいけれど、
  誰に聞いたらいいの?
 【中堅保育者】
  自分が思うような保育を
  やらせてもらえない
 【ベテラン保育者】
  支援を要する子どもがいるクラス運営が
  難しい
  ほか

第4章 保護者との関係におけるストレスと
     その対処法
 【若手保育者】
  いじめと遊びの境界線はどこ?
 【ベテラン保育者】
  初任保育者だってがんばっているのに…
 【園長先生】
  子どものために発達相談に
  行ってほしいけれど…
  ほか

第5章 保育者のストレス対処と
     キャリアデザイン
 1 ストレスとうまくつきあおう
   ―ストレスとその対処法―
 2 自分の体の声を聞こう
   ―「今ここ」の身体感覚に
    注意を向ける
    マインドフルネス―
 3 自分の気持ちに気づこう
   ―アサーションの3つの自己表現―
   ほか

書籍データ
著者砂上史子=編著 判型A5
ISBN978-4-8058-5586-7 頁数154頁
発行日2017年11月 1日 価格1,944円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品