貧しい人々への友愛訪問 現代ソーシャルワークの原点

ソーシャルワークの発祥を
理解するうえでの貴重な文献を翻訳
メアリー・E・リッチモンドの最初の著作として1899年に刊行された『Friendly visiting among the poor』の翻訳書。
ソーシャルワークの源流とされる友愛訪問員の手引書であり、その活動内容が具体的に記されている。
ソーシャルワーク発祥の背景を理解するために必読の文献。


目  次
序にかえて

第1章 はじめに

第2章 一家の主人

第3章 家庭における一家の主人

第4章 主婦

第5章 子ども

第6章 健康

第7章 消費と節約

第8章 レクリエーション

第9章 救済

第10章 教会

第11章 友愛訪問員

補遺

訳者解説

索引

訳者紹介

書籍データ
著者メアリー・E・リッチモンド=著/門永朋子、鵜浦直子、髙地優里=訳 判型A5
ISBN978-4-8058-5578-2 頁数186頁
発行日2017年9月15日 価格2,808円(税込)
e-booksで購入

関連商品