障害のある子を支える放課後等デイサービス実践事例集

放課後等デイサービス計画
(個別支援計画)の
作成例が分かる実践書
放課後等デイサービスにおける計画作成、指導プログラム、発達支援の実際の取り組みを多数収載した実践事例集。
事業実施の一連の流れが把握できるとともに、個々の場面における発達支援のポイント、指導の実際がわかる。
事業の適正化にもつながる必携書。


目  次
第1章 子どものための
     放課後等デイサービスを目指して

第2章 発達支援の実践例とそのポイント
 ①<衝動性への支援>
  勝敗にこだわらず、落ち着いて生活が
  送れるようになるために
   (ADHD、9歳)
 ②<子ども主体の支援>
  豊かな成人期の生活に向けて、
  地域や他機関での連携を通し、
  「子どもらしい」育ちを支援する
   (知的障害・自閉症、11歳)
 ③<第2の家の機能>
  長期休暇中の自然体験活動
   (知的障害を伴う自閉症、9歳)
 ④<ソーシャルスキル>
  小集団の中で、気持ちや行動の
  コントロールを促す
   (通常学級、通級に通う子どもたち)
 ⑤<ぷれワーキング(職場体験実習)>
  地域での社会体験の積み重ねにより、
  人とかかわる喜びや自分がやりがいを
  感じることを見つけていく
   (ダウン症、11歳)
 ⑥<重症心身障害児の放課後支援>
  放課後を楽しく過ごせる居場所づくりと
  家族の生活にゆとりを
   (重症心身障害、7歳)
 ⑦<不登校児への支援>
  学校との連携を通して本人を支え、
  家族支援として母親をサポート
   (自閉症スペクトラム症、13歳)
 ⑧<意思決定、余暇支援>
  自分の意思で活動を決定し、
  生きがいをもって過ごせるように
   (知的障害、12歳)
 ⑨<地域交流活動>
  小集団での外出活動を通じた社会技能習得の取り組み
   (特別支援学級等に通う子どもたち)
 ⑩<地域との連携>
  仲間との関係、社会との関係の中で育てていく
   (発達障害、15歳)
 ⑪<思春期支援、情動の調整>
  集団生活の中で、自分の感情や要求をコントロールするための
  スキルを覚えながら、自立の準備を行う
   (自閉症、17歳)
 ⑫<自己理解、他者理解を深める>
  自己を表出し、他者との折り合いをつけるきっかけづくり
   (特別支援学級に通う、15歳)

書籍データ
著者一般社団法人全国児童発達支援協議会=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-5560-7 頁数170頁
発行日2017年9月15日 価格2,808円(税込)
e-booksで購入

関連商品