家庭訪問保育の理論と実際 居宅訪問型保育基礎研修テキスト・一般型家庭訪問保育学習テキスト

「居宅訪問型保育」や「家庭訪問保育」に
必要な知識と実践方法をこの一冊で学べる!
居宅訪問型保育基礎研修に対応したテキスト。
発達や小児保健のほか、個別保育ならではの環境整備、運営など、0~2歳の居宅訪問型保育に必要な知識と技術を解説する。
幼児・学童の家庭訪問保育の内容も収載し、一般型家庭訪問保育(ベビーシッターなど)の実務も学べる一冊。


目  次
序章
 1 家庭訪問保育の体系と研修内容
    ・家庭訪問保育とは
    ・わが国の保育政策における大きな変化
    ・家庭訪問保育の体系
    ・家庭訪問保育者が「保育所保育指針」を学ぶ
     必要性について
 2 保育者として身につけたい
   保育マインド
    ・保育(ケア)の原点
    ・家庭訪問保育者のマインド
    ・保育の専門性と保育マインド
    ・保育の専門性と子どもへのまなざし

第Ⅰ部 居宅訪問型保育基礎研修
 1 居宅訪問型保育の概要
 2 乳幼児の生活と遊び
 3 乳幼児の発達と心理
 4 乳幼児の食事と栄養
 5 小児保健Ⅰ
 6 小児保健Ⅱ
 7 居宅訪問型保育の保育内容
 8 居宅訪問型保育における環境整備
 9 居宅訪問型保育の運営
10 安全の確保とリスクマネジメント
11 居宅訪問型保育者の職業倫理と配慮事項
12 居宅訪問型保育における保護者への対応
13 子ども虐待
14 特別に配慮を要する子どもへの対応
   (0~2歳児)
15 実践演習Ⅰ 保育技術(お世話編)
16 実践演習Ⅰ 保育技術(遊び編)

第Ⅱ部 一般型家庭訪問保育の理論と実際
17 一般型家庭訪問保育の業務の流れ
    ・家庭訪問保育者の役割
    ・家庭訪問保育の利用
    ・家庭訪問保育者となるために
    ・家庭訪問保育の業務の流れ
    ・保育中の事故や物品損壊等への対応
18 さまざまな家庭訪問保育
    ・産後ケア
    ・病児・病後児保育
    ・障害児保育
    ・送迎・同行保育
    ・多胎児(双生児)の保育
    ・学童の保育
    ・外国の子どもの保育

資料編
 1 主な誤飲物への対処法
 2 月齢・年齢別の特徴に応じたかかわり方と遊び
 3 損害賠償と保険について
 4 「認定ベビーシッター」になるには
 5 ベビーシッター業の自主基準

書籍データ
著者公益社団法人全国保育サービス協会=監修 判型B5
ISBN978-4-8058-5463-1 頁数288頁
発行日2017年1月20日 価格3,024円(税込)
e-booksで購入

関連商品