赤ちゃん学で理解する乳児の発達と保育 第3巻 言葉・非認知的な心・学ぶ力

赤ちゃんの発達を科学的に解説し、発達に即した保育実践を提案するシリーズ。
本書は、言葉を獲得するまでの発達の流れ、「非認知」的な心の形成、学びの過程について解説する。
豊かな言葉の育み方、自己や社会性の発達と愛着の関係性など、保育実践に活かしたい知識を収載。


目  次
第1章 言葉
 第1節 基礎知識
  ・言葉の発達
  ・言葉で大切なこと
  ・語と文の発達
  ・育児後の特徴
  ・言葉の発達に大切な「話しかけ」
  ・言葉の役割
   ほか
 第2節 保育実践
  ・豊かな言葉を育む保育実践
  ・動作模倣
  ・手遊び
  ・ふれあい遊び
  ・ごっこ遊び・身振り表現
  ・絵本の読み聞かせ
   ほか
 第3節 プラスαの知識
  ・言葉の発達の個人差
  ・言葉の遅れ
 第4節 発達からみる保育のポイント
  ・言葉の発達―まとめ
  ・【胎児期~6か月未満】
  ・【6か月以上~1歳3か月未満】
  ・【1歳3か月以上~2歳未満】
  ・【2歳~3歳】
現場の悩みに答える!Q&A

第2章 「非認知」的な心―自己と社会性―
 第1節 基礎知識
  ・「非認知」的な心の発達
  ・自己とは何か
  ・社会性とは何か
  ・「非認知」的な心を育む大切さ
  ・ジョイントネス
  ・アタッチメントとは何か
   ほか
 第2節 保育実践
  ・子どもと保育者の関係の基本
  ・ほどほど育児のすすめ
  ・子どもには負の経験も大切
 第3節 プラスαの知識
  ・アタッチメントが与える脳・身体への影響
  ・集団的敏感性とは
 第4節 発達からみる保育のポイント
  ・「非認知」的な心の発達―まとめ
  ・【誕生~6か月頃】
  ・【概ね6か月~1歳頃】
  ・【概ね1歳~2歳頃】
  ・【概ね2歳~】
現場の悩みに答える!Q&A

第3章 学ぶ力
 第1節 基礎知識
  ・学びの発達
  ・学びで大切なこと
  ・異種感覚の統合
  ・記憶機能の発達
  ・選択的注意―情報の取捨選択
  ・共同注意―情報のやり取り
   ほか
 第2節 保育実践
  ・状況と行動を多角的に捉える
  ・モノ・ヒトの学びと保育
  ・保育者の態度と発達
 第3節 プラスαの知識
  ・赤ちゃんの「可能性」
  ・氏か育ちかの問題
 第4節 発達からみる保育のポイント
  ・学ぶ力の発達―まとめ
  ・【誕生~6か月頃】
  ・【概ね6か月~1歳3か月頃】
  ・【概ね1歳3か月~2歳頃】
  ・【概ね2歳】
現場の悩みに答える!Q&A

月齢でみる発達の流れ一覧表

書籍データ
著者一般社団法人日本赤ちゃん学協会=編集/小椋たみ子、遠藤利彦、乙部貴幸=著 判型B5変
ISBN978-4-8058-5420-4 頁数150頁
発行日2019年7月20日 価格1,944円(税込)
e-booksで購入

関連商品