• HOME
  • 福祉
  • 私たちが描く新地域支援事業の姿

私たちが描く新地域支援事業の姿 地域で助け合いを広める鍵と方策

平成30年4月までに移行・実施しなければならない新地域支援事業について、実施の意義や事業の枠組み、具体的な取り組み方について解説。
あわせて、さわやか福祉財団が展開してきた「助け合い活動」の役割と効果を、新地域支援事業と重ね合わせながら検証する。


目  次
第1部 総論「新地域支援事業とは」
 1 新地域支援事業とは

第2部 対談
   「私たちが描く新地域支援事業の姿」
 1 新地域支援事業はなぜ始まったのか
     生活支援コーディネーター・協議体の
     具体的な任務は何か
 2 総合事業・生活支援体制整備事業は
   なぜ、早く取り組んだほうが
   好ましいのか
 3 生活支援コーディネーター・協議体の
   選出方法
 4 生活支援コーディネーター・協議体
   構成員が果たすべき役割
 5 生活支援コーディネーター・協議体が
   適正に職務を遂行できるための
   行政のバックアップ
 6 助け合い活動を広めることに対する
   ネックとその除去
 7 軽度者(要介護1及び2)の
   生活援助等の見直し

資 料
 市町村の覚悟
 決め手はワークショップ
 新事業要点確認
 ボランティア認知法の提言

書籍データ
著者堀田力、服部真治=編著 判型A5
ISBN978-4-8058-5404-4 頁数250頁
発行日2016年7月30日 価格1,620円(税込)
e-booksで購入

関連商品