地域包括ケアの実践と展望 先進的地域の取り組みから学ぶ

地域包括ケアの推進に向けて、現場ではどのように取り組んでいけばよいのか。
先駆的に取り組んできた17法人を選定し、実践・構築の具体的内容・方法を紹介するとともに、地域特性に応じた取り組みのための重要な視点や方法を解説する。
地域包括ケア実践のための必読書。



目  次
巻頭言 地域包括ケアシステムの源流
序章高齢化社会助成事業の目的・変遷と
地域包括ケア実践の萌芽
第1章地域全体を支える
1高齢者総合ケアセンターこぶし園
2新川老人福祉会
3宇治明星園
4健光園
第2章新たな支えあいづくり
1氷見市社会福祉協議会
2都城市社会福祉協議会
3浦添市社会福祉協議会
4宝塚市社会福祉協議会
第3章新しい生活支援サービスの構築(開発)
1青山里会
2琴平町社会福祉協議会
3フェリスモンテ
4鴨川市社会福祉協議会
5伊賀市社会福祉協議会
第4章認知症の人を地域で支える
1幸清会
2野の花会
3朋和会
4東京栄和会
終章地域包括ケアの今後の展開に向けて
編者・執筆者一覧

書籍データ
著者大橋謙策、白澤政和=共編 判型B5
ISBN978-4-8058-5085-5 頁数306頁
発行日2014年12月 8日 価格3,080円(税込)
e-booksで購入

関連商品