改訂 よくわかる!手話の筆記試験対策テキスト

全国手話検定試験の筆記試験に向け、聴覚障害者の暮らしや手話の歴史、耳の仕組み等、手話通訳に必要な基礎知識をわかりやすく解説する。
手話通訳士の試験対策、手話をより深く学ぶテキストとしても最適。法制度のアップデートと、試験で重要度が増した項目を加筆修正した。


目  次
はじめに
この本の使い方
全国手話検定試験とは
 
第1章聴覚障害者のコミュニケーション手段とその特徴
1聴覚障害者とコミュニケーション
2手話の歴史
3手話の特徴
4聴覚障害者の社会参加
 
第2章耳の仕組み、障害と社会環境
1聴覚生理と障害保障
2障害と理念
3障害者の権利に関する条約
4日本における批准の取り組み
5聴覚障害者と社会環境
 
第3章聴覚障害者の暮らし
1教育
2生活
3福祉
4聴覚障害者の暮らしと情報保障について
第4章ろうあ者の歴史
1明治以前から明治まで
2大正から戦前
3昭和
4平成
 
第5章聴覚障害者関連福祉制度
1障害者福祉に関する法律
2障害者の暮らしにかかわる制度
3聴覚障害者と事業体系

資料
著者一覧

書籍データ
著者社会福祉法人全国手話研修センター=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-5038-1 頁数200頁
発行日2014年6月20日 価格2,420円(税込)
e-booksで購入

関連商品