LDは僕のID 字が読めないことで見えてくる風景

不登校・うつ・強迫性障害に苦しみながら、21歳で知った読字障害(ディスレクシア)という「生きづらさ」の正体。
実名を公表し、啓発活動を続ける著者が自ら綴った渾身のメッセージ。

学習障害(LD)の一つ、ディスレクシア(読字障害)の当事者として啓発活動に全国を飛び回る著者が、初めて自分で綴るメッセージ集。
「生きにくさ」と格闘した半生、その中で考えた障害のこと、支援のこと、社会のこと...。
「世の中を変えたい!」熱い思いが読者の胸を打つ。



LDは僕のID
字が読めないことで見えてくる風景
目  次
第1章 「生きづらさ」の中で
―僕の生い立ち
第2章 LDは「学びの発見」だ!
―僕にとっての「障害」
第3章 まずは先生に自己肯定感を
―僕が考える「発達障害支援」
第4章 「生きづらさ」の可能性
―歩み寄る社会に向けて

書籍データ
著者南雲明彦=著 判型四六
ISBN978-4-8058-3674-3 頁数162頁
発行日2012年5月31日 価格1,620円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品