福祉コミュニケーション論 支援を必要な人が求めるもの、支援する人に必要なもの

対人援助職に最も求められている「コミュニケーション力」。本書は、福祉現場で必要となるコミュニケーションの重要性や意義について述べる。また、さまざまな福祉現場の現状紹介や実際のコミュニケーションにおける困難さの考察などを通して、真の利用者支援について考える。福祉コミュニケーション論
支援を必要な人が求めるもの、支援する人に必要なもの

 目  次


はじめに
第1章社会福祉の今 (津田耕一 関西福祉科学大学社会福祉学部)
第1節
第2節社会福祉の動向
利用者主体の支援
第2章福祉コミュニケーションとは (都村尚子 関西福祉科学大学社会福祉学部)
第1節
第2節
第3節
 
第4節
第5節
 
第6節
第7節
第8節コミュニケーションとは何か?
福祉コミュニケーションとは何か?
コミュニケーションの類型から、「福祉コミュニケーション」をみる
福祉コミュニケーションの構成要素とプロセス
福祉コミュニケーションの専門性を支える基本姿勢
福祉コミュニケーションの技法
要注意コミュニケーション
社会の要請である、「福祉コミュニケーション力」
第3章さまざまな福祉現場における福祉コミュニケーションの実際
第1節
第2節
第3節
第4節
第5節
第6節
第7節
第8節高齢者とのコミュニケーション (古川佳要子 介護老人保健施設オークピア鹿芝)
視覚障がい者とのコミュニケーション (中岡育恵 視覚障害者生活訓練指導員)
聴覚障がい者(重複聴覚障がい者)とのコミュニケーション (吉見剛二 障害者支援施設なかまの里)
運動障がい者とのコミュニケーション (姜博久 障害者自立生活センター・スクラム)
発達障がい児とのコミュニケーション (三池純代 千葉明徳幼稚園)
精神障がい者とのコミュニケーション (野村恭代 関西福祉科学大学社会福祉学部)
利用者家族とのコミュニケーション (家高将明 関西医療技術専門学校)
職場でのコミュニケーション (植北康嗣 四條畷学園短期大学)
第4章コミュニケーション支援の理論と方法 (高橋亘 関西福祉科学大学社会福祉学部・大学院社会福祉学研究科)
第1節
第2節
第3節
第4節日本手話と日本語
ろう者に分かりやすい日本語
絵記号による拡大代替コミュニケーション
絵記号の言語学
第5章認知症高齢者とのコミュニケーション――バリデーションをとおして (都村尚子 関西福祉科学大学社会福祉学部)
第1節
第2節
第3節
第4節
 認知症の特徴
認知症がみられる人の心理的特徴
コミュニケーションの方法・ポイント――「バリデーション」の視点から
バリデーションの実践事例
終わりに

書籍データ
著者都村尚子=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-3534-0 頁数200頁
発行日2011年10月 5日 価格2,640円(税込)

※こちらの商品は品切れです。

関連商品