• HOME
  • 福祉
  • 事例でわかる摂食・嚥下リハビリテーション

事例でわかる摂食・嚥下リハビリテーション 現場力を高めるヒント

さまざまな病態の介入ポイントがわかる!


リハビリテーションにかかわる専門職のために、脳卒中や脳外傷、
がんなどの多数の事例を通して個々の技術(評価と治療)と
実際の方法をわかりやすく解説!
専門職がどのような判断をしたらよいかを示す!

普遍的な正解がない摂食・嚥下リハ――。脳卒中や頭部外傷、がんなどの多数の事例を通して、個々の技術(評価と治療)と実際の方法をわかりやすく解説した。またチーム構成、地域連携、それぞれの構成員、施設の役割を明確化。これにより現場の対応力を高めることができる。
目 次
第1部基礎編
1.摂食・嚥下の仕組み
2.摂食・嚥下障害の評価の基本
3.摂食・嚥下障害患者のQOLの測定
4.摂食・嚥下障害の治療手技の基本
5.手術の適応と方法
6.ケアのポイント
7.摂食・嚥下リハビリテーションチーム
8.現場のチームワークを促進するコーチング第2部事例編1.脳卒中・脳外傷等
2.変性疾患・認知症
3.がん・全身消耗状態
4.小児
5.特殊な治療
6.施設間・職種間連係の考え方

書籍データ
著者出江紳一、近藤健男、瀬田拓=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-3449-7 頁数192頁
発行日2011年3月20日 価格2,640円(税込)
e-booksで購入

関連商品