• HOME
  • 福祉
  • 三訂 認知症の人のためのケアマネジメント センター方式の使い方・活かし方

三訂 認知症の人のためのケアマネジメント センター方式の使い方・活かし方

地域で広がる!センター方式みんなで使って
みんなで楽に!
三訂版の
主な
改訂内容●シートの活用事例を一新
地域での人材づくり資料を追加
付録ソフトがWindows7に対応

センター方式活用ソフト(試用版)CD-ROM付
認知症の人のケアのために開発された「センター方式」の手引書。本人本位のチームケアを実現する「共通の5つの視点」を提示し、センター方式の考え方やシートの活用法、活用事例などを紹介する。三訂版では、センター方式シートの活用事例を一新。Windows7にも対応。


目次
序章 センター方式の誕生
センター方式開発の経緯
センター方式で認知症高齢者のパーソンフッドの向上を/センター方式に期待する
1章 これからの認知症ケア
2015年の高齢者介護/認知症高齢者ケアに必要な視点と方策/認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式について
2章 センター方式が目指すもの
いつでも、どこでも、その人らしく暮らし続けるための支援を
これからの認知症ケア/センター方式を使う目的を明確にこれからの認知症ケアの確実な実践に向けて/認知症があっても利用者本位のケアを/ 「利用者本位の姿勢づくり」をしっかりとセンター方式の効果的な導入と活用のために
時代や地域社会のあり方が左右する認知症ケア
3章 利用者本位のケアマネジメント実現の鍵
センター方式の「共通の5つの視点」
ケア関係者が「共通の5つの視点」を共有しよう/「共通の5つの視点」の意味とケアの可能性を知ろう
1 その人らしいあり方(私らしさ、自分らしさ)/2 その人の安心・快/ 3 暮らしのなかでの心身の力の発揮/4 その人にとっての安全・健やかさ/5 なじみの暮らしの継続(環境・関係・生活)
「これからの認知症ケア」がなぜ、実践できないか
4章 これからの認知症の人のためのケアマネジメント
これまでの課題の点検と克服に向けて
認知症の人のケアマネジメントをめぐり現場が直面している課題/これまでのケアマネジメントの自己点検/ 認知症の人のケアマネジメントの課題克服のポイント/プライバシー保護の重要性と実際
高齢者虐待防止法について/td>
5章 センター方式の特徴と使い方の実際
センター方式とは/センター方式の特徴/センター方式に取り組もう/センター方式シートのさまざまな活用方法
6章 センター方式シートの活用の仕方
利用者本位のケアを導くために
センター方式シートの全体構成/シートを活かすために/留意点/ルール/見方と共通の記入ポイント/各シートのねらいとポイント
7章 センター方式シートの活用例
センター方式シートの活用例について
地域包括支援センター/居宅介護支援事業所/デイサービス/グループホーム/特別養護老人ホーム
資料編

書籍データ
著者認知症介護研究・研修東京センター、認知症介護研究・研修大府センター、認知症介護研究・研修仙台センター=編集/認知症介護研究・研修東京センター=発行 判型A4
ISBN978-4-8058-3444-2 頁数262頁
発行日2011年4月20日 価格3,672円(税込)
e-booksで購入

関連商品