ソーシャルワーカーの力量を高める理論・アプローチ

福祉・保健・医療などに携わる
ソーシャルワーク実践者必読 !!


ソーシャルワークの理論・アプローチを、事例(物語)や概念図、イラストなどを通して、優しく、わかりやすく解説。
著名な研究者たちの遺産である理論・アプローチから、人々の抱える問題を深く見つめ、新しい解決法を模索します。


ソーシャルワーク実践で活用する理論・アプローチを、概念図や現場での実践事例を用いながら解説。事例→演習→解説→演習課題→解説と読み進めることで理解が深まる。著者の優しい書きぶりによって、難解な理論・アプローチを読みやすく、かつわかりやすくした一冊。
目 次
はじめに
本書の構成と学習プロセス
学習を深めるうえで大切なこと
序  章  理論・アプローチへの想い

第 I 部 10の理論・アプローチ
第1章  クライエント中心理論・アプローチ
第2章  エコロジカル理論・アプローチ
第3章  行動理論・アプローチ
第4章  認知理論・アプローチ
第5章  危機介入理論・アプローチ
第6章  問題解決理論・アプローチ
第7章  課題中心理論・アプローチ
第8章  エンパワメント理論・アプローチ
第9章  システム(家族療法)理論・アプローチ
第10章 ナラティブ理論・アプローチ
第 II 部 理論・アプローチの組み合わせ/様々な理論・アプローチ
第11章 子育てに悩む母親へのアプローチ
第12章 中途脊髄障害者へのアプローチ
第13章 様々な理論・アプローチ
おわりに

書籍データ
著者川村隆彦=著 判型B5
ISBN978-4-8058-3428-2 頁数270頁
発行日2011年2月10日 価格3,080円(税込)
e-booksで購入

関連商品