共生社会の実現 少子高齢化と社会保障改革

人口構造の変化、経済の低迷を背景に、社会保障改革はいまや喫緊の課題である。本書では、著者の多様な経歴をもとに、少子高齢化、人口減少といった人口構造の変化をふまえた社会保障改革のありようを示し、すべての人が安心して老いを迎えられる“共生社会”を提案する。


目次
第 I 部人口の動向
1 日本の人口動向について
2 日本の高齢化と東北圏の地域政策
3 少子高齢・人口減少時代と現代社会政策
第 II 部医療と介護4 人口減少社会の医療と福祉
5 医療保障と日本経済
6 介護職の過去・現在・未来
第 III 部障害者施策
7 介護保険制度と障害者の自立支援
8 障害者施策の現状と展望について
9 障害概念と障害評価制度
第 IV 部社会保障の改革
10 日本・スウェーデンの人口動向と社会保障
11 少子高齢・人口減少社会と新しい産業構造の展望
終章 自立と共生について

書籍データ
著者京極高宣=著 判型A5
ISBN978-4-8058-3377-3 頁数274頁
発行日2010年11月 1日 価格3,024円(税込)
e-booksで購入

関連商品