高齢者の終末期ケア ケアの質を高める4条件とケアマネジメント・ツール

大切なのは“どこで看取るか”ではなく
“いかに看取るか”
在宅、施設、病院、グループホーム、高齢者住宅――。
最後の場所を問わない「看取りの方程式」


高齢期の住まいが多様化する中、死を迎える場所も選択肢が増えていく。
本書では、死を迎える場所がどこであれ、質の高い終末期ケアを実現するための「条件」と、実践を支える「ツール」を紹介。
ツールの活用事例も多数収載しているため、現場の看取り体制づくりの参考となる。     ●――― 目 次 ―――●

第1部 総論編:質の高い終末期ケアと
    ケアマネジメント

 第1章 「質の高い終末期ケア」に向けた4条件
     ――医療・福祉の連携をめざして
 第2章 高齢者の終末期ケア
 第3章 高齢者の終末期ケアの質の評価と4つの条件
 第4章 高齢者の終末期ケアの質を高めるために
     求められるケアマネジメント

第2部 ツール編:質の高い終末期ケアを
    実現するためのツール

 第1章 終末期ケアマネジメント・ツールの全体像
 第2章 各シートとチェックポイント表の活用方法

第3部 事例編:ツールを用いた終末期ケアの
    実践例

 第1章 ケアマネジメントシートの活用例
 第2章 振り返りシートの活用例
 第3章 振り返りシートを用いた事例検討会
 第4章 ツール活用によるチームの成長
 第5章 事例にみる終末期ケアの質を高める4条件と
     本ツールの5つの機能

資料編

書籍データ
著者樋口京子、篠田道子、杉本浩章、近藤克則=編著 判型A4
ISBN978-4-8058-3275-2 頁数226頁
発行日2010年4月15日 価格2,592円(税込)

※こちらの商品は品切れです。

関連商品