• HOME
  • 福祉
  • 私の手になってくれたあなたへ

私の手になってくれたあなたへ

NHK総合にて著者の活動が紹介されました。
ヒューマンドキュメンタリー
あなたが心の道しるべ 小山内美智子と浅野史郎
2011年 7月20日(水)午後10:00~午後10:50 放送

脳性麻痺という障害をかかえながら、様々な社会的活動を行ってきた著者の歴史をたどる。ケアする人、家族、仲間、社会などとの関わりから何を思い、何を行ってきたのか。そしてこれからの夢は? 支えてくれた人たちへの感謝もこめられた、著者の集大成ともいえる一冊である。


私の手になってくれたあなたへ
目 次
小山内さんへの感謝・高橋恵子
はじめに
第1章あなたは私の手になれましたか
ケアのあり方
ケアとは終着駅のないもの/ケアを受けるプロとして/「もういいかい」はヘルパーの禁句に/障害者はうらやましい!?/気づいたことはしっかりと伝える/ケアは臨機応変に/盗んだ? 盗んでない?/お金の管理について/スウェーデンで見えたこと/ケアを受けるテクニック
身体との付き合い方
トイレの悩み/更年期障害がやってきた/白髪/痛み
心の状態を穏やかに
母の死が与えた影響/必死に生きようとしても/祈り/ヘルパーの手が「母の手」に感じる時

第2章すべての原点となった幼少時代
この世に生を受けて
手のひらに乗るほどの小ささで/禁じられた遊び/美智子!? 美智代!?
偏見や差別との闘い
母の思いに包まれて/ドラマの子役を演じた生活/手術の実験台に/地獄のリハビリ/本当のリハビリとは?/区別するということ
人生が変わった高校時代
山男先生現れる!/老人ホームでの職場実習
第3章社会に訴えてきたこと
福祉村の運動~「札幌いちご会」
本人は蚊帳の外/宇宙人現る!/代弁者はいらない/汗と涙の合宿/自立をめざして/「札幌いちご会」を支えた書き損じはがき
社会福祉法人アンビシャスの設立
まずは場所選びから/設計にあたって/建物の完成に向けて/「アンビシャス」の由来/肝心なのは中身/施設長になるために/施設をなくしたいのに/「私の手」が必要なのに
第4章家族は心の支え
「母の手」は私の手
分け隔てをしない/完全犯罪! 万引き母さん/学校でも活躍する母/毛/へそのごま/ジーンズとブーツ/本人の意思こそ尊重を
父との思い出
ひな祭り/父と姉の関係/父の浮気/父の思い、母の思い
息子という存在
息子の誕生/息子への教育
母の闘病記
母と息子のバトル/母の異変/宣告された病気は…/悲しみをこらえながら/告知はすべきか/最高の親孝行
息子へのバトンタッチ
やりたいことはやればいい/息子に託した思い/父と息子/息子からの自立
第5章周囲からの刺激があってこそ
永遠のライバル~澤口京子さん~/生きる勇気を与えてくれた~木村浩子さん~/自立生活がしたい!~茶木豊子さんの強い思い~/夢を語り合う存在~小野寺昌之さん~/ロミオとジュリエットー~浅野史郎さん~/有名人を口説くコツ【黒柳徹子さん】【糸井重里さん】【黒木瞳さん】【谷川俊太郎さん】【高橋恵子さん】
第6章これからの夢
障害者自立支援法で何が変わったか/これからの願い/仲間たちへ/解け合って生きる場を創る
おわりに
資料

書籍データ
著者小山内美智子=著 判型四六
ISBN978-4-8058-2852-6 頁数226頁
発行日2007年2月20日 価格1,540円(税込)
e-booksで購入

関連商品