新型特別養護老人ホーム個室化・ユニットケアへの転換

「新型特別養護老人ホーム」の政策が開始された時期に合わせ、この大転換の意義と内容を、先駆的事例を
紹介しつつ、検討・考察する。特養入所者の要介護度は、4と5がどこでも半数を占めている。また、大部
屋中心であることや、介護・看護職員の配置水準の格差など、既存特養の運営には改善課題が山積してい
る。全面個室化・ユニットケアに向けて、さまざまな工夫が求められている。本書は、そうした「新型特別
養護老人ホーム」をめぐる動きがわかる1冊である。

書籍データ
著者大森 彌=編集代表/東日本監査法人=編集 判型A5
ISBN978-4-8058-2225-8 頁数298頁
発行日2002年6月20日 価格2,640円(税込)

※こちらの商品は品切れです。

関連商品