ケアプランに活かせる住宅改修自立支援と介護負担の軽減をめざして

利用者の“わが家で暮らし続けたい!!”という想いを支援する。
利用者の“わが家で暮らし続けたい!!”という想いを支援する。
在宅福祉を標榜しながら施設建設が積極的に進められている摩訶不思議な国、日本。
本書はこれに真っ向から反対し、『住環境整備』が在宅福祉のキーワードであり、高齢者本人や家族にとっ
ても、また国にとっても重要であることを豊富な資料によって裏付けている。とりわけ、住宅改修とホーム
ヘルパーのどちらが経済的なのか? --こんな質問に明快に答えてくれるケアマネジャーの必読書であ
る。

書籍データ
著者太田貞司=監修/恒吉よし子、牛木彩子、高遠晴子=編著 判型B5
ISBN978-4-8058-2191-6
発行日2002年4月25日 価格2,750円(税込)

※こちらの商品は品切れです。

関連商品