特集

メディアなどで話題になっている注目本、オススメ本、売れ筋本、アプリのご紹介

LDは僕のID 字が読めないことで見えてくる風景

LDは僕のID
字が読めないことで見えてくる風景
僕は、隠さない。
不登校・うつ・強迫性障害に苦しみながら、21歳で知った読字障害(ディスレクシア)という「生きづらさ」の正体。学習障害(LD)当事者であることをカミングアウトし、啓発活動に全国を飛び回る27歳の著者が初めて綴った「生きづらさ」と格闘した半生、その中で考えた障害のこと、支援のこと、社会のこと...。「子どもたちには苦しんでほしくない」という熱い思いが胸を打つ。

南雲明彦



関連リンク

南雲明彦の「発達障害と生きるということ」