• HOME
  • 食品・環境

食品・環境

食品、栄養、環境関連書籍など

  • 生物多様性・生態系と経済の基礎知識

    著者林希一郎=編著
    発行日2010年01月10日
    価格3,888円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    世界は、生物多様性を無視できない温暖化に続く世界の新潮流「生物多様性」第一線の執筆陣が、その歴史と今後の展開を「経済」の視点で読み解く*************************************■生物多様性・生態系は社会経済・ビジネスと どのような関係があるのか?■...

  • 食品表示法令ガイドブック

    著者食品表示法令ガイドブック編集委員会=編集
    発行日2009年11月25日
    価格4,752円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    その食品表示、根拠は何ですか?本書がそれをガイドします!━━━━━━━━━━━━━━━食品表示の根拠となる法令を編集したガイドブック。複数の法令にまたがる食品の表示規制を「食品ごと」に分かりやすく示した。法令原文の確認で、「食品表示のエビデンス」が把握できる一冊。自治体担当者、食...

  • 食品由来感染症と食品微生物

    著者仲西寿男、丸山務=監修/浅尾努、五十君静信、甲斐明美、島田俊雄、西尾治=編集
    発行日2009年10月30日
    価格21,600円(税込)

    好評刊『食水系感染症と細菌性食中毒(監修:坂崎利一)』の全面改定版。各分野における第一人者が、最新の研究成果を盛り込み解説。時代に即応した新しい分野(バイオセーフティ、ウィルス、プリオンなど)についても記述の幅を広げた。食品微生物関係者必読の書。Ⅰ 総論 A 食品由来感染症および...

  • IPCC地球温暖化第四次レポート

    著者IPCC(気候変動に関する政府間パネル)=編/文部科学省、経済産業省、気象庁、環境省=翻訳
    発行日2009年08月30日
    価格7,560円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    ◆温暖化対策を進める上で必須の基礎資料。◆温暖化は疑う余地がなく、20世紀半ば以降の平均気温上昇のほとんどは人為起源の可能性が非常に高いことを明らかにし、社会経済にもたらす影響とそれに対する対応策・緩和策を示す。地球温暖化に関する科学的知見をまとめた最新のIPCC評価報告書。その...

  • 新版 よくわかる地球温暖化問題

    著者気候ネットワーク=編
    発行日2009年04月01日
    価格2,376円(税込)

    ◆IPCC第4次報告など最新動向を踏まえて7年 ぶりに全面改訂。◆図版・コラム多数収載、カラー口絵もついて 大幅拡充。◆科学的知見、条約交渉、経済・エネルギー政 策など、地球温暖化問題をめぐる幅広い情報 知識がこれ1冊でよくわかる。カラー写真口絵解説の部 Ⅰ.科学編 Ⅱ.条約編 ...

  • 廃棄物資源循環学会シリーズ2 地球温暖化と廃棄物

    著者一般社団法人廃棄物資源循環学会=監修/武田信生、福永勲、高岡昌輝=編
    発行日2009年03月25日
    価格3,456円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    ごみを燃やすと地球温暖化に悪影響なのか?低炭素社会に向けて廃棄物処理でも温室効果ガス削減に寄与するシステムが求められている。様々な要因がからみあう廃棄物資源循環問題と温暖化問題の関わりについて最新の知見を紹介し、この2つの課題の解決への道を示す。第1章 地球温暖化とごみ処理の関わ...

  • 廃棄物資源循環学会シリーズ1 循環型社会をつくる

    著者一般社団法人廃棄物資源循環学会=監修/崎田裕子、酒井伸一=編
    発行日2009年03月25日
    価格3,456円(税込)

    循環基本法や各種個別リサイクル法の施行から年数を経、日本の循環型社会構築への取り組みは進んだか。制度見直し時期を迎えて、そのビジョンを検証し、克服すべき課題を明らかにする。法・行政・技術など関連分野の第一人者の論考と市民・産業界からの声を集約。第1章 3Rの本格展開への課題第2章...

  • 廃棄物資源循環学会シリーズ3 災害廃棄物

    著者一般社団法人廃棄物資源循環学会=監修/島岡隆行、山本耕平=編
    発行日2009年03月25日
    価格3,456円(税込)

    地震・風水害が多発する日本。大量に発生する災害廃棄物が適切に処理されなければ、復旧復興に大きな支障が生じるが、その準備は十分とは言えない。本書は阪神淡路大震災からカトリーナ台風まで内外の事例を検証し、災害時の廃棄物対策の重要性とその備えについて解説する。目 次第1部 高まる災害リ...

  • 頻発事例から見る 食品苦情と事故防止対策

    著者諸角聖=編集代表
    発行日2009年02月10日
    価格3,456円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    食品の製造から流通、販売までの過程における食品苦情の頻発事例集。冷凍食品にカビが生えていた、ブドウパンに石が入っていた、刺身に虫がいた等の事例を写真とともに掲載。実際の苦情に対する対応策と予防策を解説する。食品衛生管理・安全対策者、食品小売店必読の一冊。1 「苦情対策」と「食品衛...

  • 食品不信社会

    著者今村知明=編著
    発行日2008年11月01日
    価格2,592円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    頻発する食品の信頼を揺るがす事件・事故、企業不祥事――。本書は、その背景に潜むゴースト効果を明らかにし、企業・行政・メディアに求められるリスクコミュニケーションを説く。賢い消費者となるためのポイントにも触れた、現在の「食品不信社会」の本質がわかる一冊。第1章 なぜ食品への不安感は...