• HOME
  • 医療・看護

医療・看護

リハビリテーション、医療福祉、看護関連書籍など

  • 日本の医療

    著者岩渕豊=著
    発行日2015年08月10日
    価格3,080円(税込)

    日本の医療の現状と課題、医療保険や医療提供体制の諸制度などを、図表を多用しわかりやすく解説。直近の社会保障・税一体改革、2014年第六次改正医療法、2015年医療保険制度改革についてもそれぞれ章を設けた。日本の医療制度・政策への理解を深める一冊。目  次刊行に寄せてはしがき第1章...

  • 生命・生活の両面から捉える訪問看護アセスメント・プロトコル 改訂版

    著者山内豊明=監修/岡本茂雄=編集
    発行日2015年08月01日
    価格3,520円(税込)

    「生活視点でのフィジカルアセスメント」から訪問看護の標準化を図り、訪問看護のプロトコルをフローチャート化した。その流れに沿ったアセスメントで必要な看護計画が作成でき、安心して訪問することができる。地域包括ケアが推進される現況をふまえ総論を改訂。目  次監修のことばはじめに第1章地...

  • 第六次改正医療法の解説

    発行日2015年07月30日
    価格3,300円(税込)

    本書は、平成26年6月に成立した第6次改正医療法に基づき、病床機能報告制度や地域医療構想等、2025年に向けた医療提供体制の改革について制度ごとに図表を交えわかりやすく解説。さらに資料として医療法・施行令・施行規則を収載し、制度改正の全容を整理した。目  次第1部解説編第1章20...

  • 逐条解説 難病の患者に対する医療等に関する法律

    著者難病法制研究会=監修
    発行日2015年07月30日
    価格4,620円(税込)

    「難病法の患者に対する医療等に関する法律」の解説書。条文規定ごとに詳細な解説を施した「第2編 逐条解説」を中心に、法制定の経緯や概要を記した第1編、附帯決議・政省令・関係通知等をまとめた資料編からなる3編構成。制度の正しい理解に必須の正統派コンメンタール。目  次はしがき第1編制...

  • 新・看護者のための精神保健福祉法Q&A 平成27年版

    著者一般社団法人日本精神科看護協会=監修
    発行日2015年07月10日
    価格3,960円(税込)

    精神保健福祉法、障害者総合支援法等の日常の精神科看護業務にかかわる法制度の他、権利擁護、個人情報保護についてQ&A方式で解説する。現場の実践をふまえて集められたQを通じて、疑問を解決するとともに、精神科病院の役割、看護師の業務などについて理解する一冊。目  次発刊にあたって第1章...

  • PT・OT・STのための認知行動療法ガイドブック

    著者大嶋伸雄=著
    発行日2015年06月30日
    価格3,300円(税込)

    病気や障害のある患者には、うつなどの心理的な問題を抱えていたり、訓練を拒否したりすることがある。本書はこうした問題を解決し、訓練意欲や効果を上げるためのリハビリ職による認知行動療法の実践法をわかりやすく解説。基礎理論、技術、セッションの方法等が理解できる。目  次はじめに凡例第1...

  • 精神科ナースのための認知症看護

    著者一般社団法人日本精神科看護協会=監修/大塚恒子、末安民生、仲野栄=編集
    発行日2015年06月20日
    価格2,860円(税込)

    ※こちらの商品は品切れとなります。

    病状がある程度進行している入院中の認知症者にどのような看護を行っていくべきか。認知症4大疾患の病態生理と、それぞれの疾患に即した看護ケアを解説。病棟機能別やターミナル期の看護のほか、新オレンジプランに沿った退院支援や家族支援についても詳しく述べる。目  次はじめに第1章精神科病院...

  • Q&Aと事例でわかる訪問看護 精神科訪問看護

    著者公益財団法人日本訪問看護財団=監修/萱間真美、寺田悦子=編著
    発行日2015年05月01日
    価格2,860円(税込)

    訪問看護の現場で求められる知識・技術を、Q&A・実践事例を通してわかりやすく解説するシリーズ。本書のテーマは「精神科看護」。疾患や薬物療法等の基礎知識、看護技術に加え、家族支援・退院支援・多職種連携など地域活動を詳述。実践現場でよくあるQ&Aを多数収載。目  次発刊に寄せてはじめ...

  • 多職種連携の技術(アート)

    著者野中猛、野中ケアマネジメント研究会=著
    発行日2014年09月20日
    価格2,640円(税込)

    利用者の地域生活を支援するためには、多様なニーズに応えるための多職種の連携が不可欠である。本書はケアマネジメント研究の第一人者である野中猛氏と豊富な連携経験をもつ実践者の共同執筆により、多職種連携に関する理論と実例を紹介する。実践のヒントが得られる一冊。日本図書館協会選定図書目 ...

  • クリニカル作業療法シリーズ 日常生活活動の作業療法

    著者藤井浩美、小山内隆生、黒渕永寿=編集
    発行日2014年09月10日
    価格4,400円(税込)

    日常生活活動(ADL)を改善するトレーニングをどう実施するかを障害・疾病別に解説。基本動作、身の回り動作(身辺動作)、日常生活関連動作、社会参加の他、身体・精神・知的・発達障害まで疾病ごとに評価の方法・問題点の上げ方・実施の計画立案の視点を具体的に示した。目  次第I部日常生活活...