• HOME
  • 特集
  • 新人ソーシャルワーカーのための『おすすめ図書』

特集

メディアなどで話題になっている注目本、オススメ本、売れ筋本、アプリのご紹介

新人専門職の皆様へ 新人ソーシャルワーカーのための『おすすめ図書』

高齢者、児童、障害者...、さまざまな分野の職場で活躍する相談援助職。 利用者のニーズをつかみ、適切な支援を行うのに必要な知識・技術は多岐にわたります。 そこで、新たにソーシャルワーカーとなる方へおすすめする書籍を紹介します。 もちろん、現在ソーシャルワーカーとして活躍されている方にもおすすめです。
精神保健福祉士の実践知に学ぶソーシャルワーク 1
ソーシャルワークプロセスにおける思考過程
公益社団法人日本精神保健福祉士協会=監修/田村綾子=編著/上田幸輝、岡本秀行、尾形多佳士、川口真知子=著
2017年9月刊行

熟達したPSWは実務の中で何に着目し、何を拾い上げ、どのような考えでどう行動するのか。こうした実践者の「思考過程」に焦点を当て、実務を解説するシリーズ。第1巻は「ソーシャルワークプロセス」。クライエントとの出会いや膠着状態、電話応対等の思考過程を詳述する。

ebooksで購入する 詳細を見る


精神保健福祉士の実践知に学ぶソーシャルワーク 2
ソーシャルワークの面接技術と記録の思考過程
公益社団法人日本精神保健福祉士協会=監修/田村綾子=編著/上田幸輝、岡本秀行、尾形多佳士、川口真知子=著
2017年12月刊行

熟達したPSWは実務の中で何に着目し、何を拾い上げ、どのような考えでどう行動するのか。実践者の「思考過程」に焦点を当て、実務を解説するシリーズ。第2巻は「面接」と「記録」。25の面接場面の逐語や、10の書式の記述要点を通してその思考過程にせまる。

ebooksで購入する 詳細を見る


HIV/AIDSソーシャルワーク
実践と理論への展望
小西加保留=編著
2017年11月刊行

近年HIV/AIDSの医療の進歩は目覚ましいが、罹患者が抱える生活上の課題に対する支援の道は未だ険しい。本書は、感染症としての基本知識を押さえ、ソーシャルワークの観点からセクシャリテイやメンタルヘルス、外国人支援、就労支援、薬害など、関連テーマを掘り下げた。

ebooksで購入する 詳細を見る


貧しい人々への友愛訪問
現代ソーシャルワークの原点
アリー・E・リッチモンド=著/門永朋子、鵜浦直子、髙地優里=訳
2017年9月刊行

メアリー・E・リッチモンドの最初の著作として1899年に刊行された『Friendly visiting among the poor』の翻訳書。ソーシャルワークの源流とされる友愛訪問員の手引書であり、その活動内容が具体的に記されている。ソーシャルワーク発祥の背景を理解するために必読の文献。

ebooksで購入する 詳細を見る


日本におけるソーシャルアクションの実践モデル
「制度からの排除」への対処
髙良麻子=著
2017年2月刊行

虐待やいじめ、孤独死などの生活問題を抱える人々は、明らかに社会福祉の対象であるにも関わらず、十分な支援が届いていない。本書はこうした日本の現状を踏まえ、ソーシャルワーク理論・実践の課題や、協働的なソーシャルアクションの方法を多数の実践事例とともに示す。

ebooksで購入する 詳細を見る


相談支援の実践力
これからの障害者福祉を担うあなたへ
福岡 寿=著
2018年2月刊行

相談支援専門員の先駆けとして「施設と地域」の間を走り抜けてきた著者が、30年にわたる実践の中で気づいてきたこと、大切にしてきたことを余すところなく語りつくす。現場の支援員、相談支援専門員、サービス管理責任者が元気になる、明日の活力にできる一冊。

立ち読みする ebooksで購入する 詳細を見る


福祉リーダーの強化書
どうすればぶれない上司・先輩になれるか
久田則夫=著
2017年9月刊行

役割に違いはあれどすべての職員に必要なリーダーシップ。本書では、苦手な部下との向き合い方や注意すべきダメ上司の類型、磨きをかけるべきチカラ等、久田流リーダーシップ論を余すところなく紹介。福祉のプロから一歩進んだ、リーダーシップを発揮できる存在になれる一冊。

立ち読みする ebooksで購入する 詳細を見る


福祉の仕事でプロになる!
さらなる飛躍に向けた24のポイント
久田則夫=著
2016年3月刊行

さらなるステップアップと職場改善への熱い思いを抱く福祉現場の職員に対して、「利用者本位」を実現するプロの福祉職のあり方と、ステップアップの道筋を示す。組織作り、リーダー論、「悪しき習慣」への取り組み、記録、権利擁護等、日々の業務につながるポイントを解説。

立ち読みする ebooksで購入する 詳細を見る


「相談力」入門
対人援助職のためのコミュニケーションスキル36
社団法人日本社会福祉士会=編集
2012年6月刊行

社会福祉士をはじめとする対人援助職に向けた、相談対応の実践的入門書。相談対応を「信頼関係構築」→「受け取る準備」→「変化をもたらす」の3ステップに分け、各段階で求められる36の「相談力」スキルを解説する。クライアントに変化をもたらす相談力が身につく一冊。

ebooksで購入する 詳細を見る


相談援助職の記録の書き方
短時間で適切な内容を表現するテクニック
八木亜紀子=著
2012年9月刊行

電子カルテの導入や説明責任、個人情報の開示請求など、近年相談援助職の記録には高い客観性と専門性が求められている。本書では、記録に必要とされる要素や用いるべき語句、実際の記録の添削例などを収載し、限られた時間で的確な記録を残す具体的なノウハウを提示する。

ebooksで購入する 詳細を見る


支援困難事例と向き合う
18事例から学ぶ援助の視点と方法
岩間伸之=著
2014年12月刊行

現場で多くの支援者が悩む「支援困難事例」。第1部では18の支援困難事例を取り上げ、発生要因の分析を行った上で各事例への具体的なアプローチ法を示す。第2部では、実践の根拠となる「価値」を見つめ、理論的な土台を学び、どのような事例にも対応できる実践力を養う。

ebooksで購入する 詳細を見る