そうだったのか!発達障害の世界 子どもの育ちを支えるヒント

発達障害のある子どもの共通点や発達の特徴、さらには「問題」とされる行動等、発達障害の世界をわかりやすく解説。
どんなことが覚えやすく、どんなことが身につきにくいのかという一般的な傾向を理解し、発達障害の子どもの育ちをどのように支えていくのかを考える。


目  次
まえがき
第1章発達障害ってどういうこと?
1子どもが気になったときに
2子どもの発達障害らしさを見つけよう
3発達障害という診断の有効活用
4自閉症スペクトラムの脳の情報処理
5発達障害の子どもが苦手なこと
6自然にできるようにならないことは教える
7できるようになりやすいこと/できるようになりにくいこと
第2章自閉症スペクトラムの子どもたちの「問題」って?
1集団生活で問題行動とされること
2乳幼児期の問題って?
3学齢期の問題って?
4成人期の問題って?
第3章自閉症スペクトラムの子どもたちの「育ち」を支える
1自閉症スペクトラムの子どもの支え方
2自閉症スペクトラムの子どもに教えるべきこと
3幼児期に教えるべきこと
4支援を実行するときに注意すること
あとがき

書籍データ
著者石川道子=著/塚越小枝子=編集協力 判型A5
ISBN978-4-8058-5237-8 頁数224頁
発行日2015年7月10日 価格1,760円(税込)
e-booksで購入

関連商品