改訂 身近な事例で学ぶ看護倫理

高度化する医療現場では、日常的に倫理的なジレンマへ陥る場面が増えている。
本書は「何かおかしい、これでいいのか」と思い悩む看護師や看護学生に倫理的な考え方・行動を教えてくれる一冊。
患者の高齢化や医療技術の進歩に伴う法的・倫理的変化に対応した改訂版。


目  次
序章 専門職であるとは倫理的であるということ
 Ⅰ 専門職と倫理
  1 法と倫理
  2 看護専門職の倫理と責任
 Ⅱ 看護実践に内在している倫理
  1 看護学と医学の相違と相補
  2 専門職であるとは倫理的であるということ

第1章 よりよい看護実践とは何か
 Ⅰ 変化する医療環境と高まる倫理への関心
  1 他者に理解されることへの渇望
  2 医療者の説得から患者が納得する医療へ
  3 看護における研究倫理
 Ⅱ 医療の中に人間性を取り戻す
  1 患者の尊厳を守る
  2 看護師の尊厳も守る
  3 人間に対する人間の看護

第2章 変化する社会における倫理
 Ⅰ チーム医療における看護
  1 現代医療とチーム医療
  2 臨床倫理と意思決定支援
  3 ケアの倫理
 Ⅱ 超高齢社会と倫理
  1 意思決定支援
  2 看護活動の場の拡がりと役割拡大

第3章 こんな場面でどうする~いかに振る舞うべきか~
 Ⅰ 看護基礎教育で「何か変だな」「これでいいのか」と感じること
  1 学内で経験した倫理的問題
  2 臨地実習で経験した倫理的問題
 Ⅱ 日常診療における倫理的問題
  1 患者が置き去りにされる医療
  2 問われる医療者の人間性
  3 社会的課題を含む倫理的問題

第4章 患者に寄り添う看護
 Ⅰ 看護師であるということ
  1 看護師の責任とは
  2 患者を生活者の視点から理解する
  3 医療に必要なユーモア
  4 倫理的行動をするために

書籍データ
著者宮脇美保子=著 判型A5
ISBN978-4-8058-8118-7 頁数184頁
発行日2020年3月25日 価格2,200円(税込)
e-booksで購入

関連商品