事例でわかる アルコール依存症の人と家族への看護ケア 多様化する患者の理解と関係構築

典型的な中年男性だけでなく、10代・20代の若者、女性、高齢者、発達障害者など、広がりを見せるアルコール依存症者とその家族への具体的なアセスメントの視点、かかわり方、看護ケアについて、事例を通して解説。
ポイントをわかりやすくまとめ、実践にすぐに活かせる。



目  次
第1部 アルコール依存症看護の基本
 1 アルコール依存症の基礎知識
 2 アルコール依存症の治療と看護
 3 アルコール依存症看護の実際
 4 家族・職場とのかかわり

第2部 実践事例
 1 離脱症状があり、認知症が疑われた高齢者
   ―「やりがい」「楽しみ」をみつけてもらうためのかかわり
 2 ひきこもりから連続飲酒となった20代男性
   ―無気力な若者の心の闇にはたらきかける看護師
 3 心理的虐待を受けて育った30代女性
   ―看護師の自己開示をきっかけに結ばれた信頼関係
 4 精神遅滞のある30代の女性
   ―飲めない環境を作るためのかかわり
 5 親・妻の敷いたレールを歩み続けた40代男性
   ―回復する家族と回復しない本人
 6 家族から自宅への退院を拒否された70代男性
   ―自助グループにつながらなかった人へのかかわり
 7 攻撃・怒りで他者をコントロールしようとする40代男性
   ―肩書を利用するプライドの高い人へのかかわり
 8 人間関係に悩み感情を上手に出せない50代男性
   ―アサーティブ・トレーニングを用いたかかわり
 9 軽度精神遅滞を伴う50代女性
   ―重複障害が与える生きづらさにも焦点をあてたかかわり
 10 看護師に怒りをぶつけ続ける50代男性
   ―正面から向き合うことで関係性を作る
 ほか

書籍データ
著者重黒木一、世良守行、韮澤博一=編集 判型A5
ISBN978-4-8058-5825-7 頁数350頁
発行日2019年1月10日 価格3,456円(税込)
e-booksで購入
立ち読みする

関連商品