公衆衛生看護学 第2版

保健師・看護師課程の好評テキストを全面改訂。
保健師国家試験出題基準の改定内容と卒業時の到達目標の設定を踏まえ、項目・内容・データ等のアップデートを図った。
国家試験に必要な公衆衛生看護学の知識を網羅し、看護基礎教育課程のテキストとしても活用できる一冊。


目  次
第1部 公衆衛生看護概論
  第1章 公衆衛生看護学の概念
    1 公衆衛生看護の定義
    2 公衆衛生看護活動の対象,活動方法
    3 公衆衛生看護活動と法制度
    ほか
  第2章 公衆衛生看護の歴史
    1 公衆衛生看護の芽ばえ
    2 様々な地域看護婦の誕生と活躍
    3 保健婦規則制定から現代までの保健師活動の変遷
    ほか
  第3章 公衆衛生看護に必要な理論
    1 プライマリヘルスケア
    2 ヘルスプロモーション
    3 ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ
  第4章 社会環境の変化と健康への影響
    1 社会経済情勢の変遷
    2 健康の社会的決定要因
    3 健康格差の縮小を踏まえた保健活動

第2部 公衆衛生看護活動の展開
  第1章 保健指導
    1 保健指導の変遷
    2 保健師に求められる保健指導
    3 保健指導の目的と対象
    ほか
  第2章 技術・技法
    A 家庭訪問
    B 健康相談
    C 健康診査・検診
    D 健康教育
    E グループづくり,地域組織(育成)と活動支援
    F 地域活動論(地域診断・活動展開)
    G 保健師活動と記録

第3部 対象別公衆衛生看護活動
  第1章 あらゆるライフステージにおける
       保健活動
    A 母子保健活動
    B 成人保健活動
    C 高齢者保健活動
    D 学校保健活動
    E 産業保健活動
  第2章 あらゆる健康レベルにおける
       保健活動
    A 障がい保健福祉活動
    B 難病保健活動
    C 感染症保健活動
    D 災害保健活動
    E 歯科口腔保健
    F 遺伝カウンセリング
    G 在宅看護活動
  第3章 諸外国の公衆衛生看護活動と
       国際看護活動
    A 諸外国の公衆衛生看護活動
    B 国際看護活動

第4部 地域保健医療福祉行政,地域健康政策と
     公衆衛生看護管理・研究
  第1章 地域保健医療福祉行政と
      都道府県・市町村における保健師の活動・役割
    1 保健医療福祉行政の計画と保健所・市町村活動,保健師の役割
    2 危機管理と活動体制
    3 公衆衛生看護活動の実際-都道府県・市町村における活動
  第2章 地域健康政策
    1 健康政策と政策形成のプロセス
    2 政策形成のプロセス
    3 事業展開と評価の実際
    ほか
  第3章 公衆衛生看護管理
    1 公衆衛生看護管理の仕組み
    2 事業運営と情報管理
    3 地域ケア(ヘルスケア)の質の保証
    ほか
  第4章 公衆衛生看護研究
    1 公衆衛生看護研究とは
    2 公衆衛生看護研究の方法
    3 公衆衛生看護の特徴を反映した研究デザインや手法

書籍データ
著者上野昌江、和泉京子=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-5462-4 頁数550頁
発行日2016年12月20日 価格3,960円(税込)
e-booksで購入

関連商品