ナースのためのマナー&接遇術 看護のこころとセンスを磨く

社会人の基本マナーから医療現場ならではのマナーまで、ナースとして必要なマナーと接遇を丁寧に解説する。テクニックを学ぶのではなく、土台となる看護の心とセンスを磨くことを重視。コミュニケーションスキルも身につけ看護の質を高める一冊。看護学生・新人ナース必携!


ナースのためのマナー&接遇術
看護のこころとセンスを磨く
目次
第1章 ナースの心を養う
 1社会環境の変化とマナー
 2社会環境の変化と接遇・マナー
 3マナーはルールではない 他

第2章 ナースが身につけておきたい基本マナーと接遇
 1~3挨拶のマナー(1)~(3)
 4礼(お辞儀)の仕方
 5立ち方のマナー 他

第3章 ナースだからこそ必要なマナーと接遇
 1ナースは見上げられている
 2ナースのイメージを崩さない
 3物品を渡すときのマナー 他

第4章 コミュニケーションスキルを身につけよう
 1発声の基本
 2敬語の基本(1)身内か外部かで判断
 3敬語の基本(2)「言い終わり」にポイントがある 他

第5章 事例で学ぶ上級マナーと接遇術
 ケース1面会終了の警告
 ケース2不安を抱える入院患者
 ケース3訴えの多い患者さん 他

第6章 電話・手紙・メールのマナー
 1電話のマナーの苦手意識を変えよう
 2電話に出るときのマナー
 3電話を取り次ぐときのマナー 他

書籍データ
著者関根健夫、杉山真知子=著 判型A5
ISBN978-4-8058-3699-6 頁数262頁
発行日2012年9月 1日 価格2,420円(税込)
e-booksで購入

関連商品