説明力で差がつく保健指導

◆ 保健指導における“説明力”は、対象者の信頼を築いて、納得を生み、行動変容へと結びつけていくための重要なスキルです。
◆ 難しい用語、困った質問への説明方法や対象者のステージ別・性格タイプ別の説明法など、様々な切り口から“伝える力”を磨くためのノウハウを解説。
◆ 相手の心にとどく言葉で説明し、確かな結果へとつなげていくために、特定健診・特定保健指導従事者必携の1冊です。


相手の心にとどく
“伝える力”を磨こう!


保健指導対象者を行動変容へと導くための「確かな説明力」に焦点を当て、実践力向上をめざす一冊。難解な用語の解説や困った質問への説明法、性格タイプ別・行動変容ステージ別の説明法など、すぐに保健指導の現場で役立つ内容が満載。結果を出したい保健指導者必携。

説明力で差がつく保健指導
CONTENTS
はじめに
第1章説明力を磨く意義
新人が陥りやすい3つの罠,ベテランが気をつけたい3つの罠
第2章説明力を磨く
メタボの説明法/糖尿病の説明法/HbA1cの説明法/中性脂肪の説明法/コレステロールの説明法/HDLの説明法/尿酸の説明法/血圧の説明法/動脈硬化の説明法/脂肪肝の説明法/腎機能の説明法/歯周病の説明法
第3章よくある困った質問への説明法
水を飲んでも太るんです/特定健診って何ですか?/どのくらい痩せたらいいの?/カロリー計算は面倒!/お酒の量がなかなか減らせない/野菜を食べろっていうから食べたのに…/缶コーヒーやスポーツドリンクをよく飲むのですが…/そんなに食べてないのに太るんですけど…/夕食の時間が遅い/薄味にするとおいしくない/早食いで困ってます/悪玉コレステロールを下げるには?/痩せる健康食品はありますか?/運動する時間がありません/運動すると疲れるんです/膝が痛くて歩けない
第4章困った対象者への対応法 ステージ別対応
お酒を減らせない男性への対応(無関心期)/運動する時間がない男性への対応(関心期)/健康情報に左右される女性への対応(準備期)/効果が実感できない女性への対応(実行期)/運動しすぎる男性への対応(実行期・維持期)/リバウンドした女性への対応/人(妻・母)任せの男性への対応(関心期)/反応のない男性への対応(無関心期・関心期)
第5章性格タイプに合わせた説明法
性格タイプは干差万別/相手の性格タイプの見分け方/性格タイプ別の説明法
第6章説明力を活かした支援の実際
歩数計を用いた運動指導/高齢者に対する指導/保険調剤薬局における保健指導/加東サンサンチャレンジ(市民のやる気を高めるはじめの一歩)/Get元気21(住民と職員が協力して健康づくり)
付 録ゲームで学ぶ運動指導/替え歌で学ぶ療養指導
資 料小型LDLとは/ブリーフ・インターべンションの概要/ロコモティブシンドローム/サルコペニア/工夫ポイント
索 引
執筆者一覧

書籍データ
著者坂根直樹、佐野喜子=編著 判型B5
ISBN978-4-8058-3518-0 頁数168頁
発行日2011年9月 1日 価格2,640円(税込)
e-booksで購入

関連商品