新看護観察のキーポイントシリーズ 精神科II


シリーズ全面改訂!
『新看護観察のキーポイントシリーズ』

観察力を向上させる
根拠(エビデンス)とワザを集大成100万部突破のシリーズを全巻改訂


本巻では、発症前期から回復期までの病期ごとの観察、統合失調症・気分障害・依存症・ADHD・PDD・認知症・BPDなど10の代表的な疾患と観察、薬物療法・輸液療法・電撃療法・作業療法・SST・隔離・拘束・退院指導・家族支援など15の主な治療と観察を収載した。
観察のための具体的な方法やコツ、観察したことが何を意味するのか、どの程度の危険を予測できるか、そしてどう対応すべきかといった、ナースにとって実践上の問題解決ヒントが満載。

もくじ
4病期と観察のポイント
発病前期/急性期/慢性期/回復期
5精神疾患と観察のポイント
統合失調症/気分障害/アルコール依存/薬物依存/摂食障害/注意欠如・多動性障害(ADHD)/広汎性発達障害(PDD)/認知症/認知症の身体合併症/認知症のリスクマネジメント/境界性パーソナリティ障害/不安障害
6治療のプログラムと観察のポイント
薬物療法
輸液療法
無けいれん電撃療法
作業療法
SST(社会生活技能訓練)/心理教育/面接/検査/拘束/隔離/服薬指導/退院指導/外泊/家族支援/インフォームド・コンセント

書籍データ
著者川野雅資=編集 判型B5
ISBN978-4-8058-3415-2 頁数294頁
発行日2011年4月20日 価格3,300円(税込)
e-booksで購入

関連商品